1
/
5
マーケティング
on 2021-11-22 554 views

今という大切な時間を犠牲にしてまで、わからない将来の為にまだ頑張れますか?

アプコグループジャパン株式会社

アプコグループジャパン株式会社 members View more

  • 私のアプコグループジャパンの始まりは、大学3年生の21歳の時に就職活動の一環としてインターンとしてスタートしました。

    アプコグループの昇進のチャンスとオーナーとしてのビジネス展開の可能性を知り、自分の可能性を試そうとセールスから学び始めました。

    最初は失敗やうまくいかない事などは数え切れないほどありましたし、セールスが取れない時期が9ヶ月ほど続きました。プライドが高く、なかなか周りの人に聞くことができませんでした。

    その時に「人生のうちのうまくいかない時期がたった9ヶ月間続いても何も悩む事はない!」という先輩の話しを聞いてから日々精進し、インターンを始めた年から2年後の...

  • 入社2016.6月入社



    李 鉄
    性別男
    年齢23歳
    前職居酒屋の店長
    現職アプコグループジャパン
    アプコの強み
    最高のバックアップの元自分のビジネスが展開できる
    アプコを使ってやりたいこと
    自分の野望の実現
    最後に一言諦めなければ必ず実る

  • 千葉船橋オフィスマーケティングマネージャー

  • 拓馬 稗田
    営業ヒューマンコマーシャル

Why we do

  • 海外とのネットワークもフル活用!
  • face to faceマーケティングで世界26か国に展開

従来の宣伝手法では、広告料金先払い、
一方通行のメッセージの発信、ターゲットの不明確さなど、

なかなか、費用に対して満足した効果が得られていない
企業がほとんどです。
質の高い宣伝を行えていないのが現状です。

特に、NGO/NPOなどの慈善団体は限られた予算の中で効果的な広告を出し、きちんと成果を上げる必要があります。

日本ではまだまだ認知の低いNGO・NPOに対しての寄付。
情報に溢れすぎた現代では、従来の広告では潜在的寄付者を行動に結びつけることは難しくなってきています。

またわかりやすい説明や例えが必要な新サービスや複雑な
サービスは通常の広告よりも相手のレベルに合わせて説明
できることで行動してもらえる確率が高まります。

クライアントに代わって、ひとりひとりプロが説明する。

クライアントである、NGO/NPOは課題解決に専念する。
通信会社やサービス会社は質の良い顧客を集められる。

低予算でかつ効果の高い宣伝・寄付者獲得の方法を確立する。
毎日の結果や市場の声がダイレクトに集められる。

ボランティアではなく、仕事で社会に関わる。
日々の開拓活動が非常に大きな利益を生んでいることによる
社会への貢献。

Highlighted stories

アジア最大のファンドレイジング大会、FRJに登壇します!
アプコグループアジア地域への視察研修、表彰式への参加!
appco group japan 池袋office インタビュー@一色真琴
Other users cannot see whether or not you're interested.
15 recommendations
Company info
アプコグループジャパン株式会社
  • Founded on 2000/05
  • 500 members
  • 東京都豊島区南池袋1−16−4 ワーべ寿々1階
  • 今という大切な時間を犠牲にしてまで、わからない将来の為にまだ頑張れますか?
    アプコグループジャパン株式会社