1
/
5
サーバエンジニア(Linux)
on 2021-05-13 3,169 views

インフラ部署の新設にあたり、リードしてくれる方。責任と権限が欲しい方。

BAMV合同会社

BAMV合同会社 members View more

  • OA機器販売→IT・人材→起業 というのが大きな流れ。
    とはいえ転職回数がめちゃ多い。
    その結果、経験範囲は下記のような事に。

    ガチ派遣会社の営業・人材紹介のキャリコン・求人広告の営業やバックオフィス・フリーランスのエージェント・ソフトハウスの営業さん(SAPコンサル・ケータイアプリ・組込み・業務システム)

    ほか、派遣で現場入ったり、元上司の起業に絡んでみたり、中小企業診断士の勉強してみたり。

What we do

  • 株主利益や経営層の安定の為に仕事してる訳ではない
  • 自分らの為に仕事するのだ!

現在、Webアプリ開発者の部隊と、PMO/コンサルティング領域をターゲットにした部隊があります。

・Webアプリ側は、軸はJavaですが、クラウドネイティブな領域を守備範囲にしており、IT業界のメインストリームとは少しズレたところにポジショニングしています。

・PMO/コンサルは、アプリ側に比べますと後発で商流はあまりかぶっていない状態。金融系・公共系などの大規模プロジェクトに参画する事が多いです。

この先の戦略上のマイルストーンで、『エンドユーザーへのアジャイルでのシステム開発の提供』を行う事を考えており、その際に不足するインフラ領域の人員の確保(安定的な採用・育成)方法を用意し始めなくてはいけない段階にあります。

Why we do

  • ふつうの会社が、ないんだよなあ・・・
  • ブランドはウチで作れる。一緒にやるのは、はみ出しモノ『が』よいのだ!

我々の最終的な目標は、「現代に合わせた新型の終身雇用の実現」と「その体制の維持・継続」それを、ふつうのひとたちを中心に、組織と戦略で実現しようと言うアプローチの会社です。

現段階は、商流が確保でき、技術者のスキルも確保でき、これらの経営資源を背景にもう一回転二回転、増員・育成と行っていくタイミングになります。その先では、対エンドでのビジネスができる能力を要求される事になるのですが、弊社ではまだインフラ専門のエンジニアが在籍しておらず、放置すれば将来の事業展開でのボトルネックとなる事が推測されます。

顧客層もインフラの重要性を認識する層かが怪しいところではありますが、『アジャイルをやる』と言う以上、顧客との並走が必要で、チームへの、専門のインフラエンジニアの参加は必須と考えています。

最近の歴史と、会社変更までの流れ。

フィード(中期の戦略とかわかるはず)
【2019.10 会社名を変更した背景など(Trash-Briefing→BAMV)】

https://www.wantedly.com/companies/trash-briefing/post_articles/191062

How we do

  • 行動指針がだいぶアジャイルに寄った。
  • べつにミクさんのファンとかではないが。

BAMV側のカラーは、【ちゃんと準委任をやる】です。
一括請負や多層構造により培われる考え方は、『責任範囲を限定し、リスクを黙殺し、顧客満足よりも納品を目的とする。場合によっては成果に責任を持たない』です。環境の問題である為致し方なくはありますが、これではアジャイルプロジェクトのチームは機能しません。

弊社のアジャイル重視のスタンスは、生存のための戦略です。他のSI指向のベンダとは文化は異なるものである必要があります。アジャイルチームの考え方とはすなわち。

・目的は顧客満足である。
・顧客に対して成果を明らかにし、責任を持つ。 (但し権限がある事)
・リスクを理解し、向き合う。報告する。提案する。
・チーム内での役割・責任範囲を限定しない。(準委任契約である事)
・プロジェクトに対して、当事者意識を持つこと。
・振り返りと改善を行う事。

これがそのままBAMVの価値観。行動指針となります。

インフラ部署に関しては、今回の募集等で適任者が現れたら発足と言う事になりますので、部署自体の文化はまだ存在しません。(全体の価値観と相反する文化ではまずいですが)
他部署との力関係が偏らない、上下関係のないイーブンな関係性・文化の醸成をお願いできればと思います。(イキり園児ニアはいらない。)

As a new team member

【募集背景】
アジャイル経験者が増え、エンドユーザーへのサービス提供を意識しつつあります。その時絶対に必要になる、インフラ側の技術者の育成を、今まで培った組織力や信用にモノを言わせて、行なってしまおうと考えています。 キャリアや支援方法が変わる為、手段は新部署の発足となります

インフラ専門の部署を設立するにあたり、部署のキャリアパスの策定や、案件選択の判断、重視するべき顧客の選択など、様々な判断を行える専門的な知見と権限の所有者が必要になります。

SES経験のある方で、自分で権限を持って、マトモなメンバー達の集団を組織したいという希望がある方と組んで、事業を先に進めたいと考えております。また、フリーランス・零細事業者様との連携からスタートと言う形でも今回のニーズには合致します。ご提案・ご相談ください。
ゴールの形は、下記になります。(その他は柔軟に要素追加できる)

【新設部署に求められるもの】
〇アプリ側・PMO側との連携して、エンドに対して1社でシステムを提供する能力を確立する。
・超大規模システムは想定しない。(SIerの専門領域とはバッティングを避ける)
・OSS派の技術要素になってます。
・クラウドサービス(AWS/GCP)のスキル・知見は必要になる。
・コンテナ周りも必要となるが、アプリ側との境界はまだ曖昧。

【組織の現状・支援の状態】
ここ2年くらいで権限移譲が進み、ミドルマネジャー格・リーダー格の層を中心に、会社が運営されています。今回の募集ポジションはこの層に当たります。自分のつくりたい組織のイメージを持っている、もしくは、ふつうでもマトモな組織の構築を推進したい方である必要はあるかと思います。

取引先はSIerが多く、その中のWebサービスやECサイト、モバイルなどに関連する部署との取引が主です。これら既存の取引先でもインフラエンジニアの需要はありますが、インフラ専門の部署に横展開営業する方法もあります。その他、中小規模のサービス会社様との取引はありますが、インフラエンジニア単体でのニーズは多くはないかもしれません。(成果を上げても広がらない可能性が。)

基本的に新規開拓は営業側で行いますが、技術側のリソースをある程度確保できるまでは多くの成果は望みずらいです。まずは既存取引先で信用とポジションを確保するのが、定石に思えます。

【今回の募集での人物像】
・人材系・SESなどの業態の経験者。
・部署の運営やメンバーのスキル構築に対して権限を持ち、自分で判断したい。
・ハードウェア構成設計に関わったことがある
 (システムのインフラ側の全体像が見えてる)
・WebサーバかAPサーバあたりの経験者
・VMwareなどで仮想化環境を構築した経験
・Linuxのひと。
・アプリ屋と話したい人
・バズワードに惑わされず、インフラ側の技術トレンドを考えられる。

Wantedlyですし、お気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。
たぶん、打合せしないとお互い情報量不足で判断できないタイプの話ですので。

Highlighted stories

BAMV-LLC-blog(寺野さんの記事)のindex  ※Wantedly blog
2021.10~2022.3の増員枠狙いで、未経験者含めて採用する事になった。 の記事。
新型(高還元)SES企業の仕組みと、今時のダークSESの市場への影響について
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
BAMV合同会社
  • Founded on 2013/08
  • 39 members
  • 東京都千代田区外神田6丁目3−8 ACN秋葉原ビル5階
  • インフラ部署の新設にあたり、リードしてくれる方。責任と権限が欲しい方。
    BAMV合同会社