1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.
Mid-career
企画・学校事務
on 2020-12-05 347 views

事業拡大期の農業ベンチャーで働く!農業スクールの企画運営チームへようこそ

株式会社マイファーム

株式会社マイファーム members View more

  • 1982年福井県生まれ、2006年京都大学農学部資源生物科学学科卒業。大学を卒業後、1年間の社会人経験を経て、幼少期に福井で見た休耕地をなんとかしたい!という思いから、「自産自消」の理念を掲げて株式会社マイファームを設立。
    その後、体験農園、農業学校、流通販売、農家レストラン、農産物生産など、独自の観点から農業の多面性を活かした種々の事業を立ち上げる。2010年、戦後最年少で農林水産省政策審議委員に就任。2014年、内閣府国家戦略特区農業特区委員就任。2016年、総務省「ふるさとづくり大賞」優秀賞受賞。
    将来の夢は世界中の人が農業(土に触っていること)をしている社会を創ること。

What we do

  • 耕作放棄地をリメイクした「体験農園マイファーム」は全国100箇所!野菜づくりの輪が広がっています。
  • 農業を志す人のための学びと出会いの場「アグリイノベーション大学校」入学者数は1000名を超え、全国に卒業生のネットワークが広がっています。

マイファームは、2007年に創業した当初より、「自産自消のできる社会」を目指して事業を行ってきました。
「自産自消」という言葉は私たちが創った造語ですが、この言葉の奥には、自然に近づくことで得られる「気付き」を提供したいという思いがあります。
その「気付き」は、野菜づくりの楽しさや、大変さ・困難さへの実感であったり、食べるということへの深い理解であったり、そして時には、生きるということへの再認識であったり、その人、その瞬間によって、さまざまな「気付き」があって良いと考えています。

いま、自然と人間との距離は、だいぶ広がってしまいました。
普段の生活の中で、全ての人が、たとえわずかでも「自産自消」から得られる「気付き」に触れてもらえたら————人間にとって、自然にとって、地球にとって、もっと楽しくて魅力的な未来が拓けていくと、私たちは信じています。

マイファームは「農業って楽しい!」と思う人、思う瞬間を生み出し広げていくにはどうしたらいいか、その仕組みづくりに日々邁進しています。

野菜づくりのできる機会と場を提供して、自産自消の入り口となる、体験農園マイファーム。
農業界の未来をつくる仲間たちが集う「学び」と「出会い」の場、アグリイノベーション大学校。
消費と生産の現場をつなぎ、「農業の楽しい産業化」を目指すBtoBサポート事業。

「農業って楽しい!」を感じている人ならだれでも、マイファームの同志であり仲間です。
今やこのネットワークは、全国に広がっています。

私たちが目指す農業革命は「自産自消のできる社会」です。
「自産自消のできる社会」が広がり、全国の耕作放棄地がゼロになって、世界からもすばらしい農地の活用を行っている国、人と自然をつながっている国、ということで注目されるよう、マイファームは新たな農業の事業モデルと人づくりにチャレンジしていきます。

Why we do

  • 「自産自消のできる社会」を目指して、農業をもっと楽しくしていきます!
  • 株式会社マイファームは、創業10周年を迎えました!これもひとえにこれまで支えて下さった皆様のお力の賜物です。

幼いころ、家族と住んでいた福井県三国町の社宅の裏庭で、小さな家庭菜園をつくっていました。
子供だてらに、大きな野菜をつくれるか母親と競ったりして、暇さえあれば野菜づくりに没頭していたことを思い出します。
小学校の夏休みの宿題のテーマは、植物。植物を採取して観察したレポートをまとめあげて、3年間連続で福井県から優秀賞をもらったことも。常に自然に囲まれ、自然と触れ合う、植物が大好きな少年時代を過ごしました。
高校生になると、福井市内の高校に進学しました。通学路でふと、道路のわきに広がる、作付のされていない田畑のことが気にかかりました。農地を使わないなんてもったいない、じゃあ自分が何か面白い農作物を発明して植えようと思いたち、大学時代にはバイオテクノロジー研究者を志しました。
京都大学高槻農場で植物生産管理学を学び、様々な農作物の栽培を行いました。
しかしある時、この研究は何のためかと尋ねると、大学の先生は答えました、世界の食糧問題に寄与するためだ、と。
もちろん、農作物の収量を増やして食糧危機を脱する方法もあるとおもいますが、この時にハッと気付いたのです、
自分の幼少期の家庭菜園での経験、高校時代に見かけた耕作放棄地ーーーもったいない、使われない農地で、楽しい農業を始めればいいじゃないか。その時が、私のターニングポイント、事業構想の原点です。

「使われなくなった農地を、誰もが野菜づくりを楽しめる場所として再生させる」という方法で、起業してはや10年。
今は、この「農業を楽しむ人を増やす」という原点に立脚しながら、体験農園サービスに留まらず、「農業って楽しい!」と思う人、思う瞬間を生み出し広げていく事業をどんどん展開していっています。

How we do

  • 社員ひとり一人の「実現したい未来」が、マイファームという会社を形作っています。
  • いろんな事業があるため普段はそれそれの持ち場にいますが、他の事業部がピンチの時は応援に駆け付けます!

マイファームでは、これまでの農業経験の有無を問わず、さまざまな理由から、農業に関心をもったスタッフが集まり、働く人たち自身が、誰よりも農業を楽しみ、農業が大好きだ!という気持ちで働いている会社です。

<社員構成>
38歳の社長を筆頭に、30代のスタッフが主力として活躍しています。(もちろん人生のベテラン社員も大活躍しています)
「ずっと農業に関わって生きてきた、生粋の農業女子・農業男子」と、「農業とは縁もゆかりもなかった、畑違いのビジネスマン&ビジネスウーマン」の構成比率が半々。 また、「じっくり腰を据えてオフィスワーク派」と「地域農業を支える地元密着派」、「東奔西走!全国を飛び回るウルトラワーク派」がそれぞれバランスよく社内に存在します。
働き方は、それぞれが選ぶスタイルです。

<行動指針>
私たちは、愛・情熱・自然の価値基準で行動します。
マイファームで働くスタッフのことを「マイファームファミリー」と呼んでいます。家族と歩むように働く社風です。

<組織体制>
半年に1度の希望調査と、2ヵ月に1度の上長とのキャリア面談を通じて、メンバーひとり一人の成長意向と会社の進路を刷り合わせ、柔軟にジョブ・ローテーションも取り入れています。
新規プロジェクトへのアサインも、やりたい!という気持ちを最重視しますので、ジャンプアップも望めます。 新たなことにチャレンジしたいという意欲のあふれる方には、ピッタリの職場です。

<評価制度>
社員は半年に1度のプレゼン合宿に参加します(オンライン参加もあり)。半期の成果を発表し、お互いに「360°評価」を行います。
また、毎月、個人の頑張りを表彰する月間MVPを発表しています。

<ライフスタイル、ライフステージに合わせた働き方>
マイファームでは、多くのスタッフが産休・育休を取得しています。 また、それぞれの事情により一度職場を離れてしまったスタッフの復帰も歓迎しています。
社員全員が、シフト制の勤務をベースに、働く時間や場所を選択できる「働きかた選べる制度」を導入しており、「在宅ワークが中心」「資格取得の勉強中のため、週4勤務」「二拠点居住」など、個々のライフスタイルに合わせた働き方を、共に構築しています。

As a new team member

自然が好き、旅が好き、美味しいものを食べるのが大好き!……
社会に貢献するような仕事に就きたい、いつかは田舎に戻って地域のために何かしたい……
「農」に興味をもつ理由は人それぞれ。遠い世界のように感じていても、これまでのスキルやキャリアを生かして、農業に関わって働き始めるという選択肢があります。

私たち、株式会社マイファームは、社会人の方が週末だけで農業を学び、仕事にするための第一歩を踏み出す、<社会人向け週末開講・農業スクール>の運営を行っています。
全国に先駆けて、農業の技術から経営までを体系的に学べるプログラムを提供し、入学者数はのべ1000名を突破。国内最大規模の学校となっています。
さらに続いて、全国各地で<農業者向け・農業経営塾>の運営をスタートし、着実に事業が成長しています。
そこで、私たちと共に、この学校事業の企画運営を担ってくれるチームメンバーを募集します。

◆企画運営チームの業務内容
・講義/セミナープログラムの企画立案~実行、講師との連携
・受講生募集に関する業務(広報宣伝、相談対応、説明会の実施など)
・実習農場の管理運営に関する業務(圃場の整備など)
・講義の運営、受講生・卒業生のフォローアップ
・卒業後の進路支援(研修先の紹介、講師・卒業生のコミュニティマネジメントなど)

業務は多岐にわたります。
メンバーの得意分野や、これから身に付けたいスキルを考慮してチーム編成を行い、業務を分担しています。
単なる増員ではなく、メンバーひとり一人の進みたい方向へ専門性を高めていける組織づくりを目指しています。
いつか地元に帰って地域活性化に貢献したいという思いのあるメンバーは、地方自治体と協業した地域農業活性のプロジェクトに携わってもらいます。農業の現場が好き・もっと専門的な知識を身に付けたいというメンバーには、研修のチャンスを増やして技術や知識の向上を図っています。

◆求める人物像
・株式会社マイファームの採用基準「元気・素直・勤勉」に当てはまる方
・とにかく、人とのコミュニケーションが好きな方
・人前で話すことが得意な方
・人が「成長する姿」を支えることに、仕事のやりがいを感じる方
・農業を楽しい産業にしたい!特に「人づくり」で貢献したい、という思いに、共感できる方

農業経験、一切不問!多様な経歴のスタッフが活躍しています。

◆働くスタイル
関東エリア2名、関西エリア2名の募集です!
勤務場所は、スタッフにもよりますが、平日→オフィス勤務or外出・出張先、土日→講義運営(講義会場)というスタイルが多くなっています。

全国の都道府県で出張講座も行っているため、出張の機会が多くあります。(※希望により)
仕事の場面で日本全国を旅することができ、沢山の農業者の皆さんと出会える面白さがあります。

◆お気軽にお問合せください。
「農業スクールの企画運営」という仕事について、イメージがわかない…という方。
週末開講の農業スクール「アグリイノベーション大学校」では、東京・大阪を中心に、無料でご参加いただける受講説明会を随時開催しています。
詳しくはこちら:https://agri-innovation.jp/

Highlighted stories

コロナ禍でも。何度でも。農業界を語る。【社長×学長の特別対談】
この男、クレバーにつき。新役員に就任した石原北斗を好き勝手に紹介します。
見た目は〇〇、頭脳は●●⁉うちの財務部長ってこんな人。
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社マイファーム
  • Founded on 2007/09
  • 55 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都港区三田二丁目14番5号 フロイントゥ三田508号室
  • 事業拡大期の農業ベンチャーで働く!農業スクールの企画運営チームへようこそ
    株式会社マイファーム