This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.
データサイエンティスト

データ分析でベイスターズの優勝に貢献したいデータサイエンティストを募集!

株式会社ディー・エヌ・エー

株式会社ディー・エヌ・エー members

View all (6)
  • ・経歴
    - 学生時代: 東京大学大学院修士卒
    Computer Visionの研究に従事
    主著論文をCVPR2016、ACMMM2016、AAAI2018で発表
    - 2017. 10: DeNA新卒入社
    AIシステム部

  • 2011年3月に数理学博士号を取得。金融機関向けのデータ分析コンサルタントを経て、2018年2月にDeNA入社。データサイエンスチーム(Kaggler枠)のチームリーダー。(twitter:@seed57_cash, kaggle:hoxosh)

  • Kaggle Master
    KDDCup2015準優勝
    Instacart Market Basket Analysis準優勝
    準優勝しかしていない

  • 大型IPのゲームタイトル立ち上げ、エンジニア研修の講師、戦国シュミレーションRPG「戦魂」のリードエンジニアを経て、現在はAIシステム部で主に定点カメラから映像からの画像認識に取り組んでいる。

What we do

  • 29cb9145 0209 4903 a59d f3feec311866?1526532518
  • 8876c511 61f2 44f5 9508 45bdde93d281?1526462115

横浜DeNAベイスターズ、横浜DeNAランニングクラブ等のDeNAのスポーツ事業を支える
データサイエンティストを募集します。

最初の案件として、ベイスターズのチーム強化を目的として、トラックマンデータ等を利用した選手のパフォーマンス分析や機械学習予測モデルの作成に取り組んでいただきます。

Why we do

  • 8f6a04f4 ac13 494a b175 f23f70be6960?1526368994
  • B24037e4 ca5e 47bd 8f06 96becde10e57?1526532519

トラックマン(高性能弾道測定器)等のセンサーデータや映像データ等、データが多種多様化していく中で、スポーツ分析にもより高度な分析技術が必要とされつつあります。
これまでは、仮説に基づいたデータ検証が主流でしたが、今後、データドリブンでの高度分析や機械学習の活用がより重要なものとなっていくと考えられます。

How we do

  • 958a80eb c987 4d32 ade3 4a4e73903c88?1526368994
  • Edabbfd0 cf7f 4062 b2be 2e350545f269?1526462115

横浜DeNAベイスターズの球団スコアラーやデータアナリストと密連携し、データ分析課題の設計、分析、報告のサイクルを密にディスカッションしながら業務を進めていきます。

Description

横浜DeNAベイスターズ、横浜DeNAランニングクラブ等のDeNAのスポーツ事業を支える
データサイエンティストを募集します。

AIシステム部は、ゲーム、エンタメ、ヘルスケア、オートモーティブ、スポーツ等の
多種多様なDeNAの既存事業や新規事業において、機械学習をサービス活用していくことをミッションとした組織です。
AIシステム部では、AI研究開発エンジニア、データサイエンティスト、分析基盤エンジニアが連携して事業化プロジェクトを推進していきます。

このAIシステム部内のデータサイエンティストチーム(通称kaggler枠:https://www.wantedly.com/projects/208897) に所属し、機械学習を駆使して予測・分析モデルの設計・構築をしていただきます。

<具体的な業務内容>
・事業部メンバーとの分析課題に対するディスカッションを通して、機械学習課題の提案をしていただきます
・事業内容・課題を理解し,適切な分析設計を行い,実際にモデル作成を行っていただきます
・データの前処理から分析,予測・分類モデルの作成を一貫して実施していただきます
・機械学習を用いて回帰・分類手法を用いた予測モデルの作成を行っていただきます
・統計解析やクラスタリングなどの技術を用いた分析・仮説構築を行っていただきます
・分析基盤エンジニアと連携し,モデルの導入・運用を行っていただきます

<業務例>
・トラックマンデータ等を利用したパフォーマンス分析、予測モデルの作成

参考: DeNA TechCon2018 研究開発と事業貢献を両立させるAI組織の作り方
https://speakerdeck.com/swordheart/dena-techcon2018-ai-organization

◆必須の経験/能力
○経験
- データサイエンスの実務経験
・ 事業部門または顧客とコミュニケーションを取りながら、分析課題の設定から始めて、データ収集、仮説構築・検証、分析の実施、分析結果の報告までの、一連のプロセスを主体的にこなした経験
・ 回帰・分類・クラスタリング手法のいずれかを使用した経験
・ データの集約、加工、結合
・ 欠損値、異常値への適切な対処
・ データの可視化,結果の図表作成

○能力
- 高校レベルの数学と基礎的な統計(統計検定2級程度)を理解し、適切に応用することができる
- リファレンスを参考にデータ分析に必要な処理が自力で実装できる程度のプログラミング能力
- モデル構築手法を幅広く知っており、各手法の実応用上のメリット・デメリットを理解している
- RまたはPythonを用いて業務をスムーズに行うことができる
- 必要に応じて書籍、論文から自学自習することができる
- スポーツ分析に関する知識・経験(例:OPS)

○マインド
- スポーツ分析に対する熱い情熱
- 必要とあらば泥臭い分析をすることを厭わないハングリー精神
- 安易に現状を踏襲せず、常にあるべき姿を求める探究心
- 自分の仕事の裁量を広げながら常に成長しようとする向上心

◆望ましい経験/能力
- Kaggle等の分析コンテストの参加経験
- Kaggle Expert相当以上の成績
- 深層学習モデルの構築経験(実務または分析コンテスト)
- TensorFlow, Chainer, Keras, PyTorch等のいずれかを用いて、自力でモデルをチューニングした経験
- 数学,統計,コンピューターサイエンスなどデータサイエンス関連分野の学位(PhD, MSc)
- 機械学習、データマイニング分野の国際会議での発表経験
- 様々な技術を組み合わせて、問題に適した独自のアルゴリズムを開発した経験
- 予測モデルの実サービスへの実装経験
- データサイエンス関連業務における、営業、企画、マネジメント等、上流工程の業務経験
- ブログ、SNS等での良質な内容の発信による、高い知名度

※データサイエンスのコンペやプログラミングコンテストでの実績があれば、登録時に記載ください。
例)Kaggle、Signate(旧DeepAnalytics)、KDD Cup等での実績やアカウント名
例)AtCoder、Topcoder等での成績・結果

Highlighted posts

Basic info
Looking for データサイエンティスト
Job type Mid-career
Special features Available to talk on Skype
Company info
Founder 南場 智子
Founded on March, 1999
Headcount 2475 members
Industries IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing / Entertainment

Recommendations (78)

View all

There are no recommendations yet.

Recommendations (78)

View all

There are no recommendations yet.

Location

東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ

Page top icon