1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

営業インターン

About my work experience

【始めた背景】 ・所属する組織の外部関係を担当するエリアの統括に就任し、多くの方に営業するケースが増えた。そのため営業力を上げ組織に還元するためにインターンを始めた。

【仕事内容】 基本はオフィスでテレアポをかけ続ける。 スクリプトはあるがある程度は自由に変えていい。そのため相手によって省く部分など自分で工夫しながら仕事をしている。 また、時々代表の方の外回りに同行したり、ビジネスマンの交流会に受付をして参加し、社会人の方とお話する機会をつくっている。

Difficulties I faced

・話しを聞いてもらう時間を作れていないこと。営業電話NGの会社が多くある中でいかに話を聞いてもらうか。こちらの口調や話し方でいかにも営業という感じを相手に感じさせないようにすること。

・料金体系などの把握ができていないため電話での紹介でスムーズでないときがあること。

What I learned

・スクリプトの中の言葉を少しずつ変える。 ・電話だけで営業しようとはせず、対面で会ってそのときに挨拶ついでにサービスの紹介となるように相手の感じる障壁をできるだけ小さくする。 ・先輩に改善策をヒアリングする。 ・相手の口調からこの人は電話をするのを嫌がっているなど把握し、営業を続けるべきか、すぐ次に移行すべきかの判断を早くする。(→コール数の増加につながる)

今後は一つひとつで一喜一憂しないこと。 まだあらゆることを変えつつ手探りな状態なので、仮設検証をしているというマインドで淡々と進めること。その冷静さを保ちつつ、テレアポのコール数を増やしていきたい。

Lancers社員。 <4月〜10月> グループ会社のランサーズエージェンシー株式会社に 出向し、エージェント業務をしています。 具体的には、企業にフリーランス活用のご紹介やフリーランスになる方との面談をしていました。 <11月〜現在> アウトソーシング事業部に所属し、 企業から依頼を受け、ランサーズに登録しているフリーランスの方達にお仕事をお任せするディレクターをしています。 受注しているカテゴリーは、制作支援やBPO系(AIデータ集め)なとです。 【大学1〜3年生】 学生時代はAIESECという学生団体に所属。 3年次に、副委員長を務め、主に資金獲得のために1年間活動をしてい...
Read More