1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

営業の楽しさ・やりがいを学んだ日々。

Gaku Imajo

三菱商事株式会社 -

About my work experience

大学の先輩の紹介により、未経験の職種であることと時給が良かったことを理由にアルバイトを始める。

四国電力のインターネット ピカラ光インターネットサービスの営業・プロモーション活動を家電量販店にて行う仕事。

働き始めの頃は土日のみの勤務で、イベント会場にてイベントスタッフとしてヒアリングを行う仕事内容。ヒアリング後は店舗内スタッフに引き継ぎ。 インターネット界隈の基本的情報+契約書の書き方を覚えるまでの間は次の段階に上がれない。早く契約を取れるようになりたかったので、オンジョブトレーニングのみならず毎週水曜日の勉強会等にも参加し、約1ヶ月弱で上記内容をあらかた覚え初契約を獲得する。2ヶ月半後にはコミュニケーション能力の高さを買われ、イベントスタッフから店内ブーススタッフに昇格する。仕事内容は お客様へのお声掛け→ヒアリング&クロージング→契約手続き となる。 春休みには約週5日の頻度で働き、ほぼ毎日最低でも一件は契約を獲得。

Difficulties I faced

営業の世界の奥深さを感じた。自社スタッフのみならず、他社スタッフの販売手法やお客様とのやりとりを見ていて学べること・自分の至らない部分を毎日実感した。(例えばチャルディーニの法則や行動経済学のような心理交渉術を織り交ぜて上手く誘導するトークをしているなど)

また日によって契約を取れる調子・運も違うが、その中でも一件一件を契約まで持っていけるかどうかは販売員の実力による。毎日毎日あの部分をこうすれば良かったという反省と学びの繰り返しだった。

インターネットの世界はプロバイダーひとつとってもたくさんの選択肢があるように知識不足は否めなかった。特に平成生まれの身としてはこれまでのインターネットの変遷を知らないため、時に知識不足により主導権を握れなかったこともあった。

What I learned

上記で課題だと思ったことを意識する事で毎日新しい発見があり、少しずつ交渉のコツ(提案のタイミングや提案内容・方法を客の特徴に合わせて変えるなど)に対する経験値が上がったように感じる。一筋縄では行かないお客様に契約までしてもらえた時は特に充実感に溢れていた。

営業の仕事は交渉の方法のみならず、確率論的な考え方でどれだけの対象にあたれるかも重要である。過去と比べての料金の変化や近年のインターネットの社会的ポジションを考慮して、従来の形式では軽視していたエリアも行動範囲に入れた結果契約を増やすことが出来たが、その一方で断られることや時には辛烈な対応も数多く体験してきた。そんな中でメンタルコントロールや営業をかける勇気・自信を身につけることが出来たのは大きな収穫であった。

イベントスタッフから店舗内スタッフに昇進してからは、監督者がいるわけでも誰かが自動的に教えてくれるわけでもない。(質問がある場合やケースごとの曖昧な部分がある場合は店舗リーダーに聞く、あるいはマネージャーに電話で聞くが。)また、リーダーを中心に他メンバーとコミュニケーションを取りながら全体での契約数を少しでも多くするために動くチームプレーを必要とされる環境でもあり、自分の頭で考えPDCAをまわすことと、チームワークを学ぶことが出来た。

三菱商事株式会社 -
高知県出身の23歳。 2013年に世界一周をしようと大学を一年休学する。フィリピンで二ヶ月語学留学、その後4カ国目のマレーシアにてとあるシリア人現地大学生との出会いにより休学プランを変更し、世界一周を辞めて次年度の海外留学を目指す。 マレーシアのペナン島にて二ヶ月間現地マレーシア人二人と共にフラットに住む。現地の生活を知りながら英語学習を自力で続け、IELTSにてOverall6.5を獲得、帰国後の選抜試験を経て2014年度のスウェーデン イェーテボリ大学への公費留学(1年)の機会を獲得する。 スウェーデン留学後、2ヶ月間イタリア ベネチア近くの町でホームステイをしながらイ...
Read More