1
/
5

就活中『やりたいこと』が見つからなかった私が、やる気スイッチグループに入社した理由

はじめまして。株式会社やる気スイッチグループの中木清香と申します。お茶の水女子大学 文教育学部 言語文化学科を卒業し、2020年4月に新卒でやる気スイッチグループに入社しました。現在は財務経理部で経理関係の仕事を担当しています。

就活中「やりたいことがない」と悩んでいた私が、いつしか「自分のことが大好きだ!」そんな自信を、一人でも多くの子にもってほしい。という思いを抱くようになりました。そんな思いを抱いたきっかけ、そしてその思いを叶える場としてなぜやる気スイッチグループを選んだのかについてご紹介させて頂きます。

「やりたいことがない」は悪なのか

大学3年生のころ、多くの学生が動き出すと同時に私自身も就職活動を始めました。
自己分析などを通して、自分自身と向き合う中で、「自分のやりたいことは何か」について考え込むことが多くなりました。

周りの友人が「やりたいこと」を見つけ動き出すようになっても、私はなかなか「やりたいこと」がうかばす、しばらく悩む日々が続いていたことを覚えています。しかし、「周りの学生たちは動き出しているのに私はやりたいことが見つかっていない」そんな環境でもなぜか、焦ることは全くなく、私自身に対して「やりたいことがない自分なんてダメだなあ」そんなマイナスな感情を持つことも一度もありませんでした。

なぜ就活で大事な「やりたいこと」が見つかっていないのに、私は自分のことが嫌にならないんだろう?そう考えたとき、「『やりたいこと』くらい無くても、それ以外の面で私ってたくさん良いところあるよね!」そんな自分のことを好きでいられる自信があるからだと気付くことが出来ました。

こんな経験から、「自分に自信をもっている子は、どんな環境であっても自信を糧に幸せに生き抜いていけるのではないか」「一人でも多くの子に、自分に自信をもたせてあげたい」そう考えるようになりましたね。


↑庭園に行くのが趣味で、就職活動の息抜きにもよく行っていました。

やる気スイッチグループとの出会い

「一人でも多くの子に、自分に自信をもたせてあげたい」そんな思いを叶えることが出来る業界はどこかと考えた時に浮かんだのが、小さいころからの子どもの成長に寄り添える教育業界です。

両親が教員であること、また私自身も教職課程を履修していたため、教育業界であれば、「子どもたちにこんな風に働きかけて自信をもたせてあげられるかも」という、手段がイメージしやすかったのも選んだ理由になるかもしれません。


↑教育実習の時に、担当した生徒からもらった色紙です。

教育業界の中でも、いわゆる”お勉強”を教えるのではなく、その子一人一人の個性に寄り添いながら、「勉強ができる」以外の良さも見つけてあげられるようなところがいいと思っていました。

やる気スイッチグループに最初に出会ったのはインターンがきっかけです。インターンのプログラムでKDI三鷹(Kids Duo International三鷹)の見学があったのですが、そこで出会った子どもたちが本当に楽しそうに英語で話したり、体を動かしたりする姿に感動したことを今でも覚えています。

英語の時間、運動の時間、音楽の時間があり、園の中で職業体験もできる、そんな多様なカリキュラムがあればいろんな角度から子どもたちの好き、や自信を見つけられるのではないかと思いました。

また何より、カリキュラムに取り組んでいる子どもたちの姿を見ると、どの子も本当に顔がきらきらしていて、理念がうわべのものではなく実際に体現されていると感じ、入社を決めました。

やる気スイッチグループに入社してみて

私は入社し研修を受けた後、1か月間はKDでOJT、3か月間を総務部で過ごし、その後現在の経理部に配属になっています。3つの組織を異動していることもあり、これまで本当にたくさんの方々にお世話になって来ました。

成長の止まらないように答えではなくヒントを下さったり、定期的に面談の時間を設けその時々の悩みを吐き出す場をつくってくださったり、「大変だったらカバーに入るから声かけてね」と声掛けを頂いたり…自分のことを見てもらえている感があり、働いていてとても心強いです。

今は生徒の姿が見えない本社で働いていますが、そんな中でも研修で教わったある言葉をずっと忘れないようにしながら仕事をしています。それは『働く場所に関わらず、すべては真実の瞬間(生徒との接点)につながっている』という言葉です。

生徒と直接の接点はありませんが、生徒と直接かかわっている教室長とのやり取りはたくさん発生します。教室勤務方の負担が少しでも減り、生徒との時間に集中できるように。また教室と本社ではお互いの姿は見えませんが、見えないながらも本社で働く人を信頼して働いてもらえるようにと思い、メールの打ち方や電話の応対の態度など細かなところでも自分なりの配慮を加えて、仕事をしています。

そんな私は、こんな人と働きたい

理念として『全世界一人ひとりの宝石を見つけること、そしてそれを輝かせることを全力でサポート』することを掲げていますので、それが顧客にむけてだけでなく、社内に向けても一層浸透していけばいいなと思っています。

ですので、私は、「一緒に働く社員一人ひとりの個性や良さを認められる、知ろうと努力ができる」そんな人と一緒に働きたいと思っています

株式会社やる気スイッチグループ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more