This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

就活生が採用インターンに行ったら「Makuake関西支社長にならないか」と言われた話。

新卒:菊地凌輔 ボス:坊垣佳奈

3月、暖かい日と寒い日を繰り返しながら少しずつ春に近づいていく季節。

社会人1年生の若者たちにとっては、「新卒1年目」という初心者マークがもうすぐ外れるという焦りとともに、慣れない社会人生活をなんとか乗り越えた1年の出来事を思い起こす時期でもある。

サイバーエージェントに2016年に入社した新卒たちとその上司たちはこの1年をいかに過ごし、いま何を思うのか?

その心の中をちょっぴり覗いてみるシリーズです。

今回は内定者時代からクラウドファンディングサービスMakuakeを運営する株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングの関西支社長を務める菊地凌輔と、その上司で株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング取締役 坊垣佳奈のお話。

【新卒・菊地凌輔の場合】デスクとPCだけ与えられて「関西支社つくってください」って言われて。

大学のときに「教科書を半額以下で買える」サービスを作って会社立ち上げてて、もともと「社会の負を解決する」ことへの意識は強かった。ユーザーからも結構良い反響があって、「こんなサービスがあって良かったです!」みたいな声がTwitterとかで大量に届いて、「自分が感じた課題を解決できるものを作って、それが社会に広がること」がこんなにうれしいことなんだ、って知った。それが強烈な原体験になって、この嬉しさを一生のうちにもっと経験したいって思うようになった。

でも会社は事情があってたたむ事になって、周りが就活し始めてどうしようかなと思ってたときに受けたのがサイバーエージェントだった。メガベンチャーだったら投資のロットも大きくて、新しいことにどんどんチャレンジできるんじゃないかと思ったのがきっかけかな。


坊垣さんとの出会いは採用インターンでのこと。坊垣さんにメンターしてもらってたんだけど、結果は最下位。「もう終わったわこれ」って思ってたら、翌日坊垣さんから「Makuake関西支社立ち上げようとしてるんだけど、やらない?」ってメッセが来て。もう「え、待って、なんすか!?Makuakeってなんすか!?」って感じだった(笑)。後日話聞きに行ったら坊垣さんとMakuakeの代表取締役の中山さんがいて、Makuakeの話を聞いてるうちに気づいたら握手してた。

正式に内定もらって最初に壁にぶち当たったのは、大学3年の3月くらい、関西支社を立ち上げを任せられててすぐのこと。関西の広告事業本部が入ってるビルに1人でデスクとPCだけ与えられて「関西支社つくってください」って言われて、自分がやらなきゃってすごく気負ってた。Makuakeの本体は東京にあるから上司にも直接は相談しにくくて。だから「1人でやらなきゃ」っていう気持ちが先走って空回りばかりだった。その壁を超えるためにやったのが、坊垣さん仕込みの超緻密なTODO管理。金曜日には次の週の月〜金に何をするのか分刻みで全て決まっている状態にして、実際どれくらいできたのかを振り返るっていう。自分はTODO管理とか細かいこと苦手なタチだったんだけど、坊垣さんに「仕事は自分流よりもまず基礎から入れ」って言われて、ちゃんと実行するようになった。そこから進捗共有もできるようになったし、仕事も進めやすくなったかな。

坊垣さんの一番尊敬してるところは、マネジメントの力。リーダーらしく「ついてこい」って引っ張っていくこともできれば、あえて前に出ずに調整役みたいなこともできて、その両方を兼ね備えてるのが凄いと思う。

Makuakeには大企業の人から老舗のおっちゃん、スタートアップの若い人まで本当にいろんなプロジェクトを実行したい人が集まってくる。社内にいたら絶対にわからないような分野の人やものが知れるのがすごく面白い。

この半期で関西支社は数字も達成して、ようやく勢いに乗れてる状態まで持ってこれた。関西支社の立ち上げ、というのはひとまず成ったと思ってる。人も雇えるようになったからこれからは「チームでの戦い」にワクワクしてるかな。マネジメントして組織を大きくしていくことにコミットしたい。最近は坊垣さんもすごい任せてくれるフェーズになってきて逆に心配なんだけど、「いつまでもあると思うな親と坊垣」と思って頑張ります(笑)。

【ボス・坊垣佳奈の視点】インターンのメンターをやった一週間で、彼に支社長を任せたいと決めた

もともとMakuakeの関西支社を立ち上げようという話はあって、私がやる前提で動き始めてはいた。でも関西の土地柄もあって継続的に実行者と接触できたほうが絶対に良いなとは思ってて、任せられる人材を探してたの。適任がいなければ誰かに任せるつもりはなかったんだけどね。

採用インターンで彼のメンターをしたとき、出してくる案とか思考性が、Makuakeのような社会への価値提供を強く意識したようなもの寄りだったので、すごく向いていそうだなって思った。ベースが優秀で成長意欲が高いのも分かったから、大きなチャレンジをさせたら伸びそうだなと。メンターをしていた1週間の間に「彼に関西支社を任せてみたい」という気持ちがどんどん強くなっていったかな。


彼がぶつかった大きな壁はこれまでに2つ。ひとつは内定者時代にMakuake関西支社を立ち上げてすぐのこと。彼は支社長という立場もあって、スマートにやろうとしすぎていたんだと思う。人を巻き込めずに1人で抱え込んでしまっていて、ラストワンマイルの詰め切りができていなかった。でも仕事って泥臭いことの積み重ねで、細かいことを最後までやりきれるかがすごく大事。近くにいられればやりきれているかどうかを見てあげられるんだけど、関西のリモートだったからなかなかそうはいかなかった。細かすぎるくらいTODO管理をさせたのは、近くにいられない分「この子は何にどれくらい時間をかけていて、何が苦手なのか」を徹底的に把握するため。これは私のマネジメントではいつもさせることなんだけど、ちゃんとやると半年でできる仕事量が圧倒的に変わるの。

2つ目の壁に当たったのは、正式に入社してすぐくらいの出来事。Makuakeにはさまざまなプロジェクトが集まるんだけど、それを成功させていくなかで一番大切なのはプロジェクト実行者の熱意。でもはじめはそこの盛り上げに失敗することが多くて、明確に課題視していたのね。彼もなかなか関西支社の数字が伸びなくて色んな人に相談してたみたい。でもいろんな人にいろんなことを言われて「あれもしなきゃこれもしなきゃ」ってコロコロ戦略変えたりして迷走してしまっていた。それを見て私は「人はいろんなことを言うけど、自分が一番の課題だと思うことを自分が信じて集中してやりきらないと、この先伸びないよ」って話をしたの。そこからは課題に対して集中して向き合えるようになっていったかな。誰かの言葉になんとなく従ってみる、ではなくて、自分で考えて決める、そして自分で決めたことだからこそちゃんと向き合う、という感じ。

もともと責任感あるタイプだけど、この半年くらいで一気に成果に対するコミット力が上がったよね。もっと時間かかると思っていた関西支社を想定よりも速く伸ばしてくれた。彼の強みは「自分の頭で考えられること」。普通の新卒は「Aと言われたらAを一生懸命やる」子が多くて、それは悪くないんだけど、彼は私がAって言ったら「ぼくはこう思います」ってちゃんと考えて返してくるタイプ。かといって尖りすぎてるわけでもないからバランスがいい。もはや1年目とか2年目とかあまり意識はしていないかな。

最初1人だった関西支社も人が増えたし、今後さらに増やしていくから、これからは組織マネジメントに期待してる。彼はそれができるタイプだと思う。関西のMakuakeも彼も、もう伸びるしかないと思ってます。菊地、西のMakuakeは頼んだよ。

内定者支社長と、それを見出し育てたMakuakeの母

菊地は内定者のうちから関西支社長という肩書きを与えられているにも関わらず、本当に謙虚で低姿勢だ。その理由は彼の仕事へのモチベーションが「社会に良い影響を与える仕事をしたい」というところにあるからだろう。Makuakeの知名度が東京に比べて低かった関西で、内定者1人で支社立ち上げに奮闘し、様々な困難に耐えてきた2年は壮絶だったと思うが、それを経てなおそのモチベーションは失われていない。 

そんな菊地の上司・坊垣さんに憧れてMakuakeに来る若手は多い。その魅力の源泉はパワフルさとマネジメント力にあることが、お話していくうちに分かってきた。

坊垣さんはメンバーのプライベートのことまで親身に相談に乗り、ときには恋愛のマネジメントまでしているんだとか。Makuakeのメンバーが一緒に旅行にするほど仲が良いのも頷ける。

菊地は「Makuakeにいることで、1人では絶対に経験できない量のさまざまなプロジェクトに関われて、そこにかける人の熱意に刺激をもらっている」と話す。いまやMakuakeは破竹の勢いで成長するサイバーエージェントの注力事業の一つ。これから関西支社の拡大によってさらにその勢いは増していくだろう。菊地は間違いなくMakuakeを次のステージに引き上げるキーパーソンだ。


【本日の取材スポット】

▼華泰茶荘 渋谷店 (ファタイチャソウ)

道玄坂にある中国茶のお店。茶器や茶葉の販売のほか、ランチや飲茶も楽しめる。本格的な茶器で淹れる中国茶は香りも楽しめて癒し効果抜群。お粥など体に優しいメニューも多いので、ちょっと疲れたときに訪れたい隠れ家的スポット。

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13005173/



【この記事も16新卒がつくっています】

文・企画:月岡愛里(左)

写真・企画:高木佐代子(右)





サイバーエージェント新卒採用ビジネスコースページはこちら

株式会社サイバーエージェント's job postings
51 Likes
51 Likes

Weekly ranking

Show other rankings