This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

社員が安心して働き、幸福かつ豊かな生活を送るためにホワイトプラスがやっていること

こんにちは。ホワイトプラス人事の髙見です。

今回は面談や面接時によくご質問をいただくホワイトプラスの「働く環境」についてご紹介します。

ちなみに、コーポレートサイトの採用ページには「データで見るホワイトプラス」として、下記のインフォグラフィックを掲載しています。


上記は働く環境を定量的に表したものの一部ですが、今回はそもそもホワイトプラスが組織運営するにあたって、どんな考えや想いを持っているのか。その中で具体的にどうやって社員をサポートしているかについて、まとめたいと思います。

そもそもどんな考えや想いで組織運営しているの?

私たちは「新しい日常をつくる」というビジョン実現に向けて、会社として大切にしたいことは3つであると考えています。

・お客様に支持される価値ある事業

・変革と挑戦を続ける会社

・コトに向かう自由闊達な組織

上記を実現するために、2018年にはバリュー策定をし、その中で「のびしろで戦う〜White Space」という言葉を選び、さらに2019年には「自由闊達に枠をはみ出し、成長・変革し続け高みを目指す」をコンセプトにコーポレートロゴを含むCI刷新をしました。

バリューやCI刷新については下記にまとめているので、詳しく知りたい方はご覧ください。

ホワイトプラスが大切にしているバリューとは
ホワイトプラスは、なぜ「CI刷新」をしたのか

「自由闊達」とは自由勝手ということではありません。当然、会社としてのルールがあり、仕事を進める上で必要な手順もあります。その上で、現場と経営陣の距離感をできる限り近くしたり、社員がコトに向かって動きやすいように環境を整えたりと、社員一人ひとりが自分らしく活躍できるよう、さまざまな側面から支援する制度を取り入れています。

支援する制度というと、真っ先に「福利厚生」が思い浮かぶ方もいるのではないかと思います。そもそも「福利厚生」とは、従業員の幸福が利益につながるという意味の「福利」と、健康と経済の両面で不自由がないという意味の「厚生」、この二つの言葉が組み合わされたもので、幸福をもたらす利益で豊かな生活を手に入れることです。

まとめると、ホワイトプラスでは社員一人ひとりが自分らしく活躍しつつ、幸福かつ豊かな生活を送るために、会社として何ができるかという観点で組織運営をしています。(もちろんこれ以外にもありますが、今回は「支援」にフォーカスしているので、割愛します)

働く環境について

基本情報

カスタマーサポート以外の部署は基本的には土日祝日が休日となり、万が一休日出勤した場合は、振替休暇が取れるようにしています。

また、時差出勤を可能としています。定時は9時〜18時ですが、9時〜10時の間での時差出勤を認めているため、9時から勤務する社員もいれば、10時から勤務する社員もいます。多くの社員は9時半〜10時に出社しており、残業をしたとしても19時半〜20時ごろに退社しています。

オフィス風景

役員室は設けず、フラットなコミュニケーションを取れるように設計。また、休憩や社内ミーティングも可能なようにカフェスペースを設けています。オン・オフを大切にし、社内のコミュニケーションが活発になることで、さまざまなことに挑戦しやすいオフィスを目指しています。

社員のサポートについて

社員一人ひとりが自分らしく活躍できるように、主に下記5つの側面から社員をサポートしており、全体図はこのようになっています。



もっと詳しく知りたい方は採用ページをご覧ください。

また「ホワプラSTYLE」でもいくつか記事として紹介しています。

子連れ出勤について
・災害時の在宅勤務について
・入社後支援プログラムについて
・「風疹予防接種」と「扶養配偶者の健康診断」費用の会社負担について

会社も10周年を迎え、社員もそれぞれライフステージが変わっています。それに合わせて会社の制度や福利厚生もアップデートしなくてはなりません。

これからもホワイトプラスでは、社員やその家族が「働きやすい」「過ごしやすい」環境をつくっていきます。

株式会社ホワイトプラス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings