This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

【エンジニアインタビュー】開発環境を刷新!「自分の手で変えていける」バリュース開発チームのチャレンジできる体制とは?

創業当初、ビジネスサイドが強い体制だったバリュース株式会社。エンジニアは出てきた要件へ迅速に対応することに注力し、開発環境はレガシーなものになりつつありました。しかし、徐々に開発環境の刷新を進め、現在では開発を中心とするスタイルの会社へと転身することに成功しています。

今回インタビューを行うのは、プロダクトのリプレイスを推進する中心人物でもある、エンジニアメンバーの石川耕平さん。バリュースのこれまでの開発体制の変遷や現在の環境、そしてエンジニア目線でのバリュース株式会社の魅力を伺いました!


エンジニアリングをひとつの武器と捉え、幅広い業務ができる少数精鋭のバリュースへ入社

ー石川さんはバリュースに入社するまで、どのようなキャリアを歩まれてきたのでしょうか?

私は大学卒業後に大手SIerで3年間働いた後、昼間に働きながら夜には学校に通って絵の勉強をしていました。その後、海外への留学を経て、バリュースに入社しました。僕自身は、エンジニアリングの能力をひとつの武器として捉えています。なので、エンジニアとしてだけでなく、デザインなどの幅広い仕事を任せてもらえるような、小さな規模で少数精鋭の体制をとっている会社を探していました。その中で、社風や考え方に共感できるバリュースに入社を決めました。


オープンでノリが良く「自分のいる場所を自ら作っていく」社風に魅力を感じた

―石川さんがバリュースに入社を決めた社風や考え方について、くわしく教えていただけますか?

まず、ひとつは社長の管野さんを含めた社内のメンバーの人柄や雰囲気が良かったことです。提案に対して「いいね!やってみよう」と返ってくるようなノリの良さや、オープンな社風が魅力的だと思いました。そして、この会社では「自分のいる場所は、自ら作っていく」という考え方が浸透しています。もし気に入らないことがあっても、自ら良くしていけばいい。私もそういう環境で働きたいと思っていましたし、実際に自分の手でいろいろ変えていくことができる会社だと感じました。


社内の開発環境を、自分の手で変えていけるやりがいがあった

―実際にバリュースに入社されて、どのように感じられましたか?

私が入社したのは2年ほど前なのですが、当時は思った以上にレガシーな技術を使っている会社でした。社長の管野さんが営業畑の出身ということもあり、お客さまからの要望を最短で反映していく営業中心のスタイルで、技術的には手が回っていないところが多々ある状況でした。だからこそ、その開発環境を自分の手で変えていけるというやりがいがありました。



社内を巻き込んだ仕組みづくりやツールの導入で、開発環境を刷新

―開発環境を変えるために、どのような取り組みを行ったのでしょうか。

社内を巻き込んで、まずはさまざまなツールを入れていきました。例えば、コミュニケーションツールにはSlackを導入したり、Bitbucketを導入してコードレビューの仕組みをつくったり。ナレッジを書き留める共有サービスには、esaを導入しました。その他にも、インフラはAWSで作るようにしたり、Dockerを採用して開発環境の構築にかかる時間を削減したり、開発手法ではDDDを導入してみたりと、開発業務を改善するものは積極的に採用していきました。


新しい取り組みに対しても「まずはやってみよう」というバリュースの社風

ー社内を巻き込んでの取り組みですが、他のメンバーの反応はいかがでしたか?

「まずはやってみよう」という社風なので、取り組みに対してのハードルは特になかったです。バリュースでは、基本的にやろうと言い出した人がメンバーを引っ張っていく形で、実際にやってみて後からどうだったか振り返って決めるスタンスです。社内には「こう決まっているから、こうすべき」と言う人もおらず、新しいことを受け入れていく柔軟さがあると思います。


言語選定は、メジャーかつ今後もメインストリームで使われていきそうなものを

―プロダクト開発の言語選定については、どのようにされていますか?

もともとは画面側がPHP、裏側で稼働しているバッチ処理がJava 7で書かれていたのですが、それをすべてJava8に変えました。理由として、まずは社内にJavaができるメンバーが多く、人をアサインしやすいこと。加えて、言語仕様も以前より便利になり、LombokやSpring Boot、IntelliJなどのツールと組み合わせることで生産性高く開発できることなどがありました。フロントエンドには、学習コストも低く今後スタンダードになるだろうという理由でVue.jsを選びました。

言語選定においては、なるべくメジャーで今後もメインストリームで使われていきそうな言語であること、そして学習コストやメンバーの意欲などを基準にしています。提案してメンバーの合意が取れれば、新たな言語を導入することも可能です。例えば、最近ではメンバーの提案でKotlinを取り入れてみました。Javaと共存しながら少しずつ取り入れていける言語なので、新しい機能を足す際に部分的に使っています。



自らの提案をきっかけにリプレイスをスタート、プロダクトをベストな状態へ

―開発において、一番チャレンジしたと思うことはどんなことですか?

プロダクトのリプレイスを行ったのですが、それに関してはすべてがチャレンジでした。プロダクトの機能としては大きな変化はありませんが、技術的にも設計的にも直すべきところはたくさんあったので、ベストな状態にするために新しく全部を作り直しています。リプレイスは私が提案したところからスタートして、エンジニアメンバーのほぼ全員が関わりながら、3つのフェーズに分けて順にリリースしていきました。 


妥当なチャレンジであれば、いくらでもチャレンジできる環境が魅力

―バリュースの開発環境の魅力とは、どんなところにあると思いますか?

開発のことはすべて任せてもらっているので、自分たちが現場の意思で決めていくことができます。妥当なチャレンジであれば、いくらでもチャレンジできる環境というのは、やはり魅力だと思います。また、スクラム開発の手法を取っているので、1週間ごとに区切ってメンバーで振り返りながら、改善しつつ進めています。現在は、社外のメンバーを含めた6人で、分け隔てなく全員が意見や提案を出し合える体制です。


個々に強みを持ったメンバーが集まり、取り組みもオフィスも進化していく会社

ー最後に、バリュースの会社全体としての魅力を教えてください。

取り組みもオフィスも、どんどん進化して変わっていくところが面白い会社です。みんなが楽しみながら働いているので雰囲気も良く、いい意味での緩さもありながら心に情熱を持った人たちが集まっています。個々の強みを活かして働くという考え方で、実際に社内には異なる強みを持ったいろいろなタイプの人たちが集まっていて、そういったところもバリュースの魅力だと思います。


現場の主体性に任されたバリュースの開発チームで、共に働く仲間を募集中!

バリュースでは、現場のエンジニアが意思決定を行いながらプロダクト開発を進めています。自らが手を挙げればチャレンジできる環境で、ぜひ一緒に働きませんか?少しでも気になった方、まずは一度フランクにお話ししましょう!

バリュース株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings