1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

TBMの仕事を知る - 海外事業部

こんにちは。株式会社TBM ピープル・コミュニケーションの村上です。TBMの各部署の仕事内容を具体的に知ることができる「TBMの仕事を知る」。このシリーズでは、ユニコーン企業として地球規模での挑戦を続けるTBMにはどんな人が働いているのか、どんな仕事を日々行なっているのかをご紹介します。第1弾となる今回は、LIMEXのグローバル展開を担う「海外事業部」を取り上げます。

コンテンツ

∟TBMの組織体制
∟海外事業部に関するトピックス
∟海外事業部の仕事内容

  ∟部長|中村友哉

∟海外事業部の募集職種


◆TBMの組織体制


◆海外事業部に関するトピックス


海外事業部の仕事内容

            部長 中村 友哉

Qこれまでのキャリアを教えてください。

新卒でコンサルティングファームに入社し、国内の製造業クライアントを中心に、中期経営計画策定、成長戦略、営業改革、海外市場進出、プレポストM&A、デジタル改革などに携わりました。最終的にはシニア・マネジャーまで育てて頂き、仕事の幅もかなり広がったのですが、元々コンサルで実力をつけたら次のチャレンジに挑みたいと思っていました。

QTBMの海外事業戦略についてどのように考えていますか?

TBMのファンを各国に作り、最速でLIMEXを世界に広げる

私たちのビジネスモデルはファブレスモデルです。海外の現地パートナーに対して私たちが技術ライセンスを提供し、LIMEXの製造・販売を行ってもらいます。まだまだ成長途中のスタートアップである私たちが世界中に自社工場を作る生産モデルでは、とてつもない時間とお金がかかり、世界の期待に追いつけないからです。従って、世界各地で、LIMEXを自分たちの国で広めたいと本気で思って頂ける現地パートナーを見つけていく必要があります。

世界でサーキュラーエコノミーやプラスチック規制が進む中、全世界で同時に取り組みたいのですが、まだまだリソースが限られているため、その中で出来る限り優先度をつけて取り組むようにしています。

Q現在は、どんな業務に従事されていますか?

海外事業部と聞くと一見華やかですが、、

各エリアごとに、大きく4つの業務に取り組んでいます。

①参入戦略立案/ターゲットセグメント設定
②販売先への営業(売上目標を持ち、顧客へのファーストコンタクトから交渉、受注、債権回収まで)
③現地サプライチェーンの構築(開発・生産本部と連携)
④現地パートナーとのアライアンス

国内では、LIMEXのユーザーも増え、認知度も高まってきましたが、海外ではLIMEXはまだまだ知られておらず、ゼロから事業を作っていかなければなりません。

①は徹底的なヒアリングが必要です。②③は本当に泥臭い営業であり、お客様に食らいついて受注を取りに行くことはもちろん、開発・工場との連携や、海外への輸出手続きなど、地道なオペレーションを根気強くやり抜くことが必要です。④はトップ同士の商談はもちろんですがそこに至るまでの細部の調整、契約書のやり取りも非常に多く、神経を使います。契約締結の際には、譲ってはいけないこと、譲って実結ぶこと、その見極めがとても重要であり、ハードネゴシエーションが多いです。①~④を全てこなす以上、オールマイティなプレーヤーが必要であり、且つ最後まで食らいついてやり抜くハングリーさが求められます。しかし、このような地道で泥臭い作業の積み重ねが、サウジアラビアやモンゴルとの基本合意といった大きな案件につながった際には、大きな達成感を感じることができます。

Qこれまでのプロジェクトの実例を教えてください。

モンゴルでLIMEX製造工場建設、資源循環型モデルの構築を目指す

先日、モンゴル政府、ならびにモンゴル企業とLIMEXの製造工場、およびアップサイクルを通じた循環型のモデルを構築する基本合意を交わしました。モンゴルは砂漠の国であり、水や木に乏しく、紙は輸入に頼っていました。一方で鉱物資源に恵まれており、石灰石も豊富に採掘できますが、それらを上手く産業に結び付けられておらず、貧困の問題が今なお残っています。始まりは、モンゴルと取引をされている日本の物流会社の方が、モンゴルの現状を見て、「モンゴルを変えられる技術がないか」と探されている中でLIMEXを見つけて下さったことです。その方のご尽力で、駐日モンゴル大使、鉱山大臣、モンゴル大統領にまで謁見させて頂き、国の将来を本気で変えようとされている国家開発長官の方と繋がり、今回の基本合意に至りました。LIMEXの技術でモンゴルに新しい、持続可能な環境、産業、雇用を創出し、貧困の撲滅の一助となれるよう、取り組んでまいります。

QTBMで成し遂げたい事はありますか?

TBMの伝道師を世界中に輩出する!

あと数年後には、世界中でパートナーと提携して地域HQや生産拠点を作り、各地でTBMメンバーが活動している思います。北米、南米、オセアニア、中国、ASEAN、インド、欧州、中東、アフリカ・・・それぞれのエリアを統括する地域統括会社の社長が存在し、各エリアの事業責任者を担える人材が海外拠点をゼロから立ち上げるメンバーの中から出てきて、世界で活躍できるような会社にすることが、私の目標です。

Q入社してくる方へのメッセージ

TBMは、やり甲斐とチャレンジの塊のような会社です。正直、毎日壁にぶつかりますし、世界からの大きな期待に応えなければとプレッシャーに押しつぶされそうになる日々です。それでも続けられるのは、やはりやり甲斐があり、楽しいからということに尽きます。「チャレンジし続けられる」「プレッシャーを楽しめる」「大きな目標のために自分をモチベートし、成長させられる」「誠実で、かつハングリーである」そんな人を常に求めています。一方で、そうでない人には絶対に合わない会社だと思います。一緒に地球規模の課題に挑戦してくださる方のご応募をお待ちしております。




◆海外事業部の求人情報

海外ビジネスデベロップ
海外事業開発 |企業価値1218億円!日本史上6社目ユニコーン企業
■■□ 事業内容 □■■ TBMは石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」の開発・製造・販売しています。 ■■□ TBM HP □■■  ●コーポレートサイト(http://tb-m.com/)  ●リクルートサイト(https://tb-m.com/recruit/) ■■□ 最近のニュース □■■  ●「ネクストユニコーン TBM企業価値2位 ユニコーン企業へ」  (https://s.nikkei.com/2RFTi4A)  ●「Yuzi社、伊藤忠商事、XinJin社と、中国・河南省でのLIMEX事業に関する基本合意締結」  (http://bit.ly/36oYFJS)  ●「モンゴル国家開発庁と基本合意締結 LIMEX の事業化に向けた検討を開始」  (http://bit.ly/2RFsVvD)  ●「TBM、G20イノベーション展にて石油由来樹脂を100%使用していないLIMEX Bagを発表」  (http://bit.ly/38nSQhs)  ●「15.5億円の資金調達を実施、資金調達総額100億円超に」  (http://ur0.link/AlVt)  ●「高機能なバイオプラスチック改質剤を開発する Bioworks株式会社をグループ会社化」  (http://u0u0.net/Q7ai)  ●「石井食品と環境負荷軽減に向けた基本合意を締結 食品包装(軟包材)開発を共同で取り組む」  (http://bit.ly/2PwM9kC) ■■□ LIMEXのメリット □■■ 水や木を使わずに紙代替製品を、石油の使用量を減らしてプラスチック代替製品をつくることができます。コスト競争力が高く、「エコロジーとエコノミーの両立」という新しい概念を創ります。 ■■□ LIMEXが求められる背景 □■■ 国連が設定している持続可能な開発目標(SDGs)やプラスチック問題の課題解決に向けて、企業の環境問題への配慮や対応が求められています。TBM は 2015 年に経済産業省の支援を受けて、新素材 LIMEX を生産する第 11号プラント(宮城県白石市)を完成。シリコンバレーの 3 大アクセラレーターの 1 つである、Plug and Play において年間を通して「世の中に最も社会的影響を与える企業-ソーシャルインパクトアワード-」を受賞。これまで LIMEX 製品の実用化に向けて大手事業会社との共同開発やパートナーシップを強化し、4,700 社を超える企業に LIMEX 製品の導入を進めて参りました。また今年に入り、TBM は世界各地で LIMEX の工場設立に向けた協議を進めており、海外で使い捨てプラスチックを規制する動きが強まる中、海外企業から LIMEX に関して 600 件以上の引き合いを頂くなど、プラスチックの代替素材として注目を集めています。ブリュッセルで開催された Brussels SDG Summit 2018(主催;CSR ヨーロッパ)においては、パートナーに認定され、LIMEX の劣化やロスの少ないリサイクル性能の高さを活かし、シート状のものから射出成型品をつくる「LIMEX のアップサイクル」を紹介。(サーキュラー・エコノミーの推進)また、価格の安い石灰石を主原料に一部の生分解性樹脂から構成される「生分解性 LIMEX」の開発を発表。エコノミーとエコロジーを両立しながら、循環型社会への移行を目指す取り組みを加速しております。 ■■□ 世界各地への本格展開 □■■ 海外での素材販売に留まらず、LIMEX工場の建設を進めています。LIMEX工場では製造において水を使わず、またコンパクトな工場であることから、立地を選ぶことなく工場を建設可能です。2017年、サウジアラビア政府、日揮とサウジアラビアでのLIMEXの製造活動に向けた基本合意を締結。また、水資源が貴重な国であるモンゴル、急成長する中国・河南省でLIMEXの工場建設に向けて準備を進めています。 ■■□ 国・政府からの後押し □■■ 経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業の助成金を受け、第一工場を建設し、現在同工場では約50名のオペレーターがLIMEXの製造を行っています。すでに資金調達や補助金で100億を超える資金調達を行い、国内外の投資家や国からの期待と支援を受けています。環境省の支援もあり国際会議COP25への参加。経済産業省のサポートを受けて、2020年度を目処に、国内第2工場が宮城県多賀城市に建設予定です。
株式会社TBM
株式会社TBM's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more