This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

それなりにキャリアを積んだ僕が、『あえて今』サポーターズで挑戦する理由

ーー今日は、今年5月からサポーターズにジョインしてくれたグレさん(唯野)にインタビューさせてもらいます。5ヶ月とは思えないくらいの馴染み具合で、若手メンバーの相談役として頼もしい存在です!まず、グレさんについて知っていきたいので深堀させて頂きます。

そうですかね~、馴染んでますか?サポーターズの中ではおっさんの方ですが、まだまだ自分は若いんだと自分に言い聞かせながら頑張らせていただきます笑 サポーターズのみんなも社歴、年齢関係なく接してもらえているので楽しく仕事できてますね。深堀ですね。どうぞ丸裸にしちゃってください笑


ーーでは、丸裸にしていきます笑 噂では、サッカーが物凄く上手だったと聞きましたが本当ですか?

実は上手くはないんです笑 ただ、運動能力に恵まれてて上手いより強いとか速いという類でしたね。今見る影もないのですが、これでも50mを6秒で走ってたんですよ笑 高校の部活では本気で頑張っていて、ゴリゴリの体育会系でした。


ーーそんなに足速かったんですね。意外でした笑 そんな瞬足で駆け抜けるグレさんは、キャリアもあっという間に駆け抜けてきて気づけばサポーターズで3社目でしたよね?

3社目ですね。1社目は、新卒でソフトバンクに入社しました。本当は、マスコミ(出版)業界に行きたくて1年就職浪人してましたが2年目もダメで、どうしようかと思った時、最初に受けたのがソフトバンクだったんです。そしたら、内定を貰えたので当時はまだベンチャー感強かったし大手だったのですぐ決めちゃいました笑 入社後、西日本(中四国、大阪)で4年程セールスをやっていたのですが、地方セールスだと東京で働く同期にどんどん差をつけられている焦りで潰れそうだと感じました。
また、ベンチャー感あると思って入ったんですが、やっぱり大きな企業で自分の仕事が会社にどれだけインパクト残しているか見えづらくて大手じゃなくてベンチャーに行きたいと思い次の会社に転職しました。

そこで2社目は、ベンチャーの人材紹介会社に行きました。


ーー2社目は業界がガラリと変わった印象ですが、人材業界には興味があったのですか?

いや〜、人材業界には転職活動当時は全く関心も無いし未経験だったのですが、色んな会社を受けている中でしっくりくるところが無くて。自分を必要としてくれる会社がいいと思い探している中で、前職の面接官と腹を割って話せたのに加え「小さい会社を一緒に大きくしていこう」と野心ある話が出来たんですよ。自分がやったらやっただけ会社が大きくなっていき、組織の中で上になっていける可能性を感じ転職を決めました。ちなみに前の会社はめっちゃ楽しくてすごくいい会社でした!未経験だったところから業界のいろはだけでなく、人として、社会人としての意識もだいぶ変わりましたね。

前職自慢になっちゃいますが、人が物凄く良くてみんな前を向いていつも全力で仕事を楽しむという環境でした。そして、会社として面白いフェーズを経験することができ、入社して半年で関西支社の立ち上げに参加させてもらえました。立ち上げ時4名から始まった支社も辞める頃には、70名まで増やすことができ、最終的にはIT領域のマネジメントも任せて貰えました。とても忙しかったですし仕事ばかりの5年でしたが充実した日々でした。今でも感謝しかありません。


ーー前職自慢、素敵です!グレさんにとってチャンスと成長が詰まった5年だったのが物凄く伝わります。でも、そんなに充実してたのに、なんで今回サポーターズの転職してきてくれたんですか?

そこ、気になりますよね?お話しましょう笑 大きくは二つあります。
一つ目は、前職で入社してから最速でリーダーに昇格させてもらって、大阪拠点の立ち上げも任せてもらい、本当に良い経験をさせてもらいました。それに、大阪拠点も軌道に乗せることが出来たのですが、マネジメントをする上で、まだまだ自分の能力が足りてないなと思っていました。

二つ目は、会社が、大きい組織になった中で自身のキャリアややりたいことを考えた時に新しい環境へ飛び込んで改めて自分を高めていく必要があると考えたからです。めちゃくちゃ好きだった前職や仲間と離れることにとても悩みましたが、今の自分に必要なことは現在の能力を求められる環境よりも自分にとって成長できる環境だったので転職することを決意しました。


ーー好きだけど、お互いの未来のために別れる恋人のような。切ない笑 そんな、大好きな前職を離れて来てくれたこと、とても嬉しいですがサポーターズとはどうやって出会いましたか?

実は前職の求人データベースで知りました笑 前職を離れると決めてから人材紹介経験で検索をかけて、あれ?VOYAGE GROUPって人材やってるんだと知りました。あ、VOYAGE GROUPは知ってましたよ。そしてコーポレートサイトを見て、Wantedlyを見て「カッコイイオトナ」にビビッてきました笑 そこから、受けてみようと思いました。ただ、面接官と話してカッコイイオトナを感じなかったら辞退してやろうと思ってました笑 結果、面接で話した皆が、カッコよかったです。
特に前の記事の瀬名波さんの考え方とかに共感して、絶対にサポーターズに入るべきだと思って入社しました。実は、今回の転職活動ではサポーターズしか受けていないんですよ。


ーーなんと!「面接官と話してカッコイイオトナを感じなかったら辞退してやろう」って最高です笑 それに、サポーターズしか受けなかったというのも驚きです!そんな、即決したサポーターズで今5ヶ月働いてみてどうですか?

やっぱ若いですね。良い意味でも悪い意味でも。良い意味は、すごくエネルギーに溢れてますよね。仕事に対して真摯に向き合う熱量があり、本気でユーザーとクライアントと向き合っていて妥協してないと感じます。また、入社してから飲みに行くことが多いのですが飲みに行ったら大体、会社の未来ばっかり話してて冷めている人は誰一人いないですね。

悪い意味は、その良い熱量に対して行動量は足りているのに思考量が足らないというか、個別で話をすると熱い思いを語れる人が多くいるのに、それを抱えている人が多いなと。どうすればその思いに近づけるのかもっと考えればいいのに、もっと手を挙げればいいのに思ってます。手を挙げたら必然的にもっと考えるようになるからと言いたいですね。


ーーなるほど。なんかすみません泣 私も手を挙げていかなきゃですね。

そうですよー。色々経験してきたなこさんだから見えてることもあるはすですよ。僕なんか入社5ヶ月なのに、もう既に定期開催の経営会議に参加させてもらってるんですよ笑 普通の会社だったらありえないですよ笑 ただ、誰でも会社の問題に向き合って意見を言える会社だと感じていて、それを必要としている。サポーターズは本当に本気の挑戦に寛容だし、挑戦に伴う失敗にもすごく寛容だなと思ってます。いい会社ですよね!

ただ一方で、まだまだな部分もありますけどね!まだまだ、普通の人材会社だなって思いますよ。勿論、多くのエンジニアに愛されているとか、地方学生に必要とされているという強みはあるもののサポーターズで出来ていることって他でもやってることだし、出来ることも多いと思ってます。
本当の意味でカッコイイオトナを増やすためには、こんなところで止まってちゃダメです!本気でHR×Techの力で、新しいデファクト・スタンダードを作っていくべきだと思います。サポーターズの介在価値をもっともっと提供していかないと挑戦していかないとダメだと思ってます。ただ、「まだまだやれる!」というところに伸びしろがあって、挑戦のし甲斐があります。その挑戦を会社が認めていることにサポーターズで働く魅力の一つだと思ってます。


ーーグレさん、熱いメッセージありがとうございます!最後に、今後に向けての意気込みとインタビューを見てくれてる方々にメッセージを頂けますか?

意気込みですね、僕のやりたいことは社会においてだけでなく、社内外関係なく出会った人々に価値を与えられる人間になること。それには当たり前のことを当たり前にやり、更にプラスαで本気で挑戦し続けることだと思ってます。それをサポーターズの価値に繋げる仕事をしていきたいです。だから、これまでどおり入社時期や年齢関係なく、ドンドン思考してバンバン意見していこうと思ってます。
挑戦する姿勢にとても寛容な会社なので、同じように結果で語っていきたい自分が会社を引っ張って行くんだという人にはうってつけのフェーズだと思います。逆に仕事に対して思いを乗せられない人には厳しい環境だと思います。未来を作っていく、そのフェーズを楽しめる人と一緒に働きたいですね。入社4か月の僕が言うのだから間違いないです。チャンスが多い会社です!


ーー今日は、気づきの多い熱いお話が聞けました!ありがとうございました!

株式会社サポーターズ's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more