広告代理店の経験を経て、セカンドキャリアとしてのSpeeeとは?

Speeeのマーケティングインテリジェンス事業本部でデジタル広告の運用・コンサルティングを担うトレーディングデスク事業。広告代理店での経験を経てアカウントプランナーとして入社された佐藤 朋枝さんにお話を伺いました。

ークリエイティブを学んだ、広告代理店の経験

前職は、大手広告代理店に常駐をしディスプレイ広告やSNS媒体等のクリエイティブ対応を担当。バナーやLPの制作をメインに行う中で、お客様に対してどのようなクリエイティブを作成した方が良いか、という具体的なヒアリングと提案から作成まで一貫して行っていました。

金融業界と通信業界をメインに、複数のクライアントを担当しており、大きい案件では運用費が年間数千万円ところもあり、ポータブルスキルが体系立てて身につけられたかと思います。

しかし、今度は自己裁量の大きな同業界で、更に専門性を伸ばしていきたいと思い、転職を決意。

広告運用を行っていく上で、更に深い専門的な業務に携われる、というのも自分のキャリアを考える上で必要だと感じていました。

正直、前職だと広告代理店への派遣という立ち場だったため、任せてもらえる領域が限れていたんですよね。上長判断が必要なときも多く、それでは自分の成長につながらないのでは、とフラストレーションもありました。

ー広告運用の専門性を高め、スキルアップをしたいと感じ選択した次のキャリア

転職活動中は他社の選考も受けていましたが、同じ業界ではあるものの、裁量を一メンバーに持たせてくれ、自己成長ができると感じたSpeeeへ入社しました。Speeeへ入社する最終的な決め手はタイミングももちろんありますが、面接や面談でお会いした人たちの人柄でした。

他社は選考進捗が遅いなか、Speeeの選考がどんどん進んでいったということもあり、Speeeで必要とされているんだなと感じたのを覚えています。

また、選考の中で、面接官だけでなく活躍している女性の先輩にも会わせてもらったのですが、業務をするときは集中して業務、遊ぶときはしっかり遊ぶといった、メリハリをつけて働いている人が多い印象を持ちました。その先輩は現在産休中ですが、女性としての働きやすさが垣間見えたのも魅力的でしたね。

実際に入社してみて、一番に感じたのは、全員がプロ意識が高いところ。

一人が複数案件を持っており、はやく独り立ちが求められる環境の中で、各自がどうしたら効率良く成果を出せるよう案件を回していけるのか、ということを考えているメンバーが多いなと感じました。

前職でも、新しい環境に飛び込み、自ら成果を出すためにプロジェクト単位で動いていくことが多かったため、その経験は活かせているかと思います。

その中でも、Speeeはチーム内で勉強方法の共有や改善するための指摘など、引き締めるところは締め、お互いが切磋琢磨しながら成長できる環境ですね。

Speeeには人と組織の理想の在り方を定義した15個のカルチャーというものがあるのですが、それを前提としてマインドやスタンス等の価値観が擦り合っているため、一人ひとりのプロ意識の高さや成長できる環境にあらわれているのではないかと感じています。

ーSpeeeで働いてみて感じた、業務領域の広さと深さ

入社1ヶ月ではありますが、もうすでに前職よりも任せてもらえる業務の責任は圧倒的に大きいと感じました。

クライアントは、ファッション、金融、教育、小売業界です。この中の、大手アパレルメーカーの案件は、複数のブランドを展開しているので、各ブランド毎の広告配信状況をみて、効果改善に向けてディスプレイ広告の中で打ち出せる施策を考えています。

実際、前職でのクリエイティブに関する知識や媒体知識を活かしながら運用をおこなっているので、広告代理店での経験は十分に活かしながら裁量ある領域で成長出来ているなと思います。

例えば、ECサイトを持っているアパレルメーカーのセールバナーを作成する提案の際、クライアントに対し、色味を変えるだけでなくてフォントにこだわった見せ方改善を行うなど、クリエイティブの知見も活かしながら、案件を運用しています。


ー自分の強みを活かしながらマーケティング支援を行いたい

現在、Speeeでは新しい媒体を積極的に取り入れています。前職で取り扱っていなかった媒体を扱うため、今までの知見に加え、Speeeで得たディスプレイ広告運用における専門性を掛け合わせながら、クライアントへのマーケティング支援の価値向上につなげていきたいと思っています。

また、今までは制作についても感覚的な部分でやっていることもありましたが、Speeeで求められるのは、クライアントと一緒にどういう方向で広告配信をしていけばよいのかを設計し伝える、論理的思考力

前職もSpeeeも、どういったユーザーにどう届けるかという根底にある考え方は変わりませんが、前職はクリエイティブを中心に感覚や視覚をどう言語化するのかに重きを置いており、マーケティング戦略全体の思考をどう言語化するのかは、こだわっていませんでした。

自分がどのように考え提案をしているのか、クライアントがなぜやるべきなのかを論理的に考え、提案するスキルを身につけることによって、深いクライアントのマーケティング課題に触れることができるようになるのではないかと思っています。

広告は、運用するだけでは意味がないと思います。将来的には、クリエイティブ面の強化をしながら、マーケティング課題に対する本質的な提案につなげていくことで、自分だからこそできる広告運用やマーケティング支援の付加価値が出せるようになりたいです。

株式会社Speee's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more