1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

起業経験もあるから、KPIはなんのその(笑)  仲間がいるから知った、跳ね返りとは?

リーダーの異動をきっかけに新生LEGAL ENGINE(リーガルエンジン、以下、LE)として数値を意識するようになった2人。事業・組織に対する思いをお話しいただきました。

―リーガルテックでの人材紹介事業は特異な事業環境かと思いますが、どのようにとらえていますか?

牧口:法律系資格のオンライン学習サービス「資格スクエア」を運営しているサイトビジットが人材紹介を行うことは素敵だなと。資格スクエアを利用いただき資格取得された方に資格を活かした仕事までご紹介出来たら、それこそ「社会のインフラ」ですよね。サイトビジットはインフラが整っていない法律領域において事業に取り組もうとしているからこそ、人材紹介をする意義は大きいと捉えています。

加茂:資格スクエアで取り扱っているのは国家資格であり、資格取得の段階で「はい、終わり」ではなく、何か目的があって資格取得する方が多いと思うんです。その方たちにとってのLEは、ただ案件を紹介してくれる人材紹介屋さんではなく、会社として継続支援ができる=深く関われる存在になれると思っています。

―人材紹介としては、資格スクエアの受講生の方はお客様対象になると思いますが、それについて資格スクエア事業側と議論をしたとか。

牧口:話しましたね。これが非常に難しい判断で。受講を検討している方向けにLEのチラシを配ったり、サービス紹介をしようとしたりすると、本来講座を受講(購入)検討されている方を人材紹介に引っ張ってしまう可能性があります。そういったところでどこまで介入してよいかはみんなで議論しました。その時は、結果的には積極的にはやらない判断となりましたが、私としては違う事業をしているメンバーと話を出来たことがとても有意義でした。

資格スクエアの事業メンバーが日々何をやっているのかはもちろん、法律系資格取得を目指す方々と、人材紹介で取り扱っている求人とのマッチングの可能性はどの程度なのか、間接的ではありますが、マーケットを理解できたことは大きな収穫でした。今後も視座を上げる意味で社内での情報交換をしていきたいですね。

―自分たちで人材紹介の集客方法を考える=自分たちが事業を作るという思いと同時に、責任の重さも大きいと思います。その辺りはどのように感じていますか?

加茂:責任という意味だと、僕は事業をしていたので重みは変らないと捉えています。今は、仲間がいて会社がある、という点で会社を背負っている意識が強くなりましたね。自分で事業をしている時は全て自己責任でもあり、自分の気持ち次第でなあなあにしたり、突き詰められなかったりした部分も正直あったと思います。今はやった分だけプラスにもなるし、やらなければマイナスになるというのが実感できる分、会社のプラスに繋げるには?という視点で仕事に取り組むようになりました。その点においては、責任感が増したと思います。

牧口:やはり1人にかかる責任の重さはひしひしと感じています。全ていい意味に捉えていて、悪い意味に捉えたことはないです。どんな会社でも1人ひとりが意識するに越したことはないですが、組織が大きくなればなるほど、そこがなあなあになっているなと友人を見ていて思うことがあります。サイトビジットは顔と名前が一致し、適度な緊張感の中で数字にコミットしているので健全な責任感を持てるようになっています。



―仕事は自分のためだけには頑張れないということですよね。総じてお2人は楽しく仕事しているように見えていますが、それは合っていますか?

牧口:楽しいですね。

加茂:それは間違いないです。

―何が楽しい、楽しくさせていますか?

牧口:加茂さんのおっしゃる通りで、やった分だけ良い悪いにかかわらず返ってくる点がとても分かりやすいからですかね。これがダメだったんだ、じゃあ次は「こうしよう」と思うことと、佐藤さんがしっかりFBしてくださることも大きいです。それが数値に直結するのはもちろんですが、数値が行かない時でも厳しく詰められたことはないです。ソフトにはあるけど(笑)。

それに委縮してしまって身動きが取れなくなる環境にならないよう、みなさんが環境を作ってくれているのがとてもありがたいことで。だからこそ頑張ろうと思えます。

加茂:今まで1人で、なんなら起きてそのままPC立ち上げて仕事って環境だったので、毎日身支度をして満員電車に揺られて「おはようございます!」「おはようございます!」と元気に返してくれる仲間がいる会社に行くこと自体が楽しく新鮮です(笑)。

サイトビジットは予算が厳しい時でも、厳しく詰められることはないです。厳しい状況に置かれているチームのことは、メンバー自身が1番理解しているし、詰められないから怠けようというメンバーではないので。そこは週1回の朝会やslack上の情報で状況がわかるので「全社ALL」という気持ちのもと、みんなが責任感を持って仕事に取り組んでいると思います。楽しみながら、みんなで成長し、結果を出すために踏ん張る会社は中々ないんじゃないかと思います。

―サイトビジットに実際に入社してみて、どんなところが好きですか?

牧口:MVVでも掲げている「みんなで1番遠くへ」行こうとしているところが1番好きです。近い距離ですぐに相談できる風土や、新しく入ってきた人の歓迎会をします!とslackで声をかけると前日や当日でも人が集まってくれます。新しく入社した人が1人であっても歓迎しようというムードがあり、助けを求めたらちゃんと応えてくれるという安心感にも繋がっているのがサイトビジットの好きなところですね。

加茂:僕は全部好きです!

特に、新しい取り組みに対して受け入れるスピードが速い。slackが導入された時も、みんな様子見していたかと思いきや、気付いたら新しいスタンプをどんどん作ってたり(笑)。一定の敬意は払いながらも上下関係や縦横の隔たりがなくコミュニケーションができる環境で、経営陣やMGRがそういう雰囲気を作ってくれているからだと思っています。そうやって一体となって進む環境に喜びを感じてニヤニヤしています(笑)。            

―逆にもっとこうしたらいいんじゃない?と思う点はありますか?

牧口:小さなことですが、最初、誰に何を聞いていいかが分からなかったです。もちろん、自ら聞きに行けば答えてくれる雰囲気はあります。じゃあ自分で聞きに行けばいいじゃん、って言っちゃえばそれまでですが。

―組織が大きくなっていく中で、俗人的になりがちな点ですよね。

牧口:逆に会社がそのフェーズに入っているのだな、と会社の成長度を感じて感動を覚えました(笑)。

加茂:僕はマニュアル化出来るところはしっかりした方がいいと思っています。自己裁量という部分は大事にしつつ、人が増えていく中でその辺りを整備していくことも必要かと。



―今後LEとして目指すチームの姿をお聞かせください。

牧口:大きな目標としては、「資格スクアエ受講→合格→LEでお仕事紹介の流れ」を作り「社会のインフラ」になりたいです。もちろん業績を達成していくことはお約束事としてありつつ、入社時オリエンテーションで佐藤さんから「転職って、エージェントから考えると”その時”の転職だけど、長い視点で見ると人生をご支援するという一端を担っていて、それはとても重要なことなんだよ」という話をしていただいたことがずっと頭に残っています。サイトビジットのValuesの1つである「感動体験」をお客様に提供できる、案件数はもちろん、HPに書かれていない情報の提供等、期待値以上の価値提供ができるようなチームにしたいです。

加茂:ビジョナリーなお話をしていただいたので、僕は事業の側面から。今、サイトビジットでは3つの事業がありますが、その中でもLEでもっと業績インパクトを出したいと思っています。全社達成のために「他チームの予算もLEで補いますよ! 任せてください!」と言えるようになりたいです。

―お2人個人としての目指す姿を教えてください。

加茂:実は大学での研究について論文を書き続けているんです。論文を一定数書くことで博士号を取得出来るので、ライフワークとして続けたいと思っています。先の話にはなりますが、大学でも仕事をしつつ会社でも働くという状態が出来たらいいなと。僕が人材紹介をしたいと思った根っこにあるのは、教育的な部分もあって。研究をしながら大学生の教育・育成もしつつ、事業会社で利益を出す仕事をしたいです。

牧口:人材紹介事業はまだまだ奥が深いので極めてみたい一方、何か新しい事業を立ち上げてみたいという思いもあります。

―お! 子会社作って社長やる?

牧口:社長はちょっと……でも、雑誌とかに載ってみたいなぁ。傍らでいいので(笑)。

社長というよりは、経営とメンバーの間に入り事業を円滑に進める役割の方が向いていると思います。今のCAと、スキル要素としては同じなので活かせると思うんですよね。そんなキャリアもありかなと。

―サイトビジットに興味を持ってくださっている同世代の皆さんに伝えたいことはありますか?

牧口:私も未経験で業務をスタートしているので「大丈夫です! 飛び込んできてください!」ということは声を大にして言いたいです。自分で変わろう、何とかしよう、とする姿勢を持っている方であれば、直ぐに成長できる環境だと思います。

サイトビジットのValues「みんなで1番遠くへ」は新しい人を受け入れる土壌を表す言葉でもあると個人的には思っていますので、組織が大きくなっても受け入れ側としてこのValuesを体現できる組織でありたいと思います。

―みんなで一緒に、かつ、自ら1歩をふみ出す、ですね。

牧口:はい、それが組み合わさってこそだと、自身の経験から思います。同世代のみなさんと一緒に切磋琢磨したいですね。

厳しい状況もポジティブに捉えるタフさを持ち合わせた牧口さんと加茂さん。

大きな責任感と強さを備えつつ、明るい笑顔がとても素敵な2人と一緒に人材紹介チームを作っていきたい方は、ぜひ、遊びに来てくださいね!

株式会社サイトビジット's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more