1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

【社員インタビューvol.8】シェアフルを支えるシェアフルの母に、お仕事内容を聞いてみた!

今回は、シェアフルの社員第一号として、シェアフルのサービス、組織の立ち上げを支え続けてきた福田さんにインタビューをしました。福田さんの目線から、シェアフルを語ってもらいます^ ^

▼シェアフルの社員第一号!

福田さんの入社時期はいつ頃でしたっけ?

2018年の12月にジョインしました。きっかけは人材紹介会社からのエントリーです。その時はシェアフルのサービスがリリースされる前で、ガシガシ開発されている真っ只中でした。

パーソルグループや、ランサーズからの出向メンバーはいましたが、その時はまだサービスとしても組織の機能としても、実質まだ何もない状態でしたよね(笑)そんな中、なぜ入社を決めたんですか?

面接でお話を色々聞いて、新しいチャレンジができると思ったんです!
シェアフルにジョインする前に海外で働いていたのですが、当時は帰国をして今後どのようなキャリアにして行こうか模索していた時期でした。【スキマ時間を価値に変える】という、新しい働き方を推進できるサービスの理念に純粋に共感をしました。

そうか、福田さんは以前、海外で働いていたんでしたね!

そうなんです。旅行代理店で接客と商品企画のお仕事をして、その後アメリカのディズニーでキャストとして働いていました。今まで自分の好きなことを仕事にして来たんですが、もっと地に足をつけて、専門性を身につけるキャリアを目指したいなと思っていました。
そんな中、シェアフルとの面接で、バックオフィス全般を担当するミッションとして採用活動をしていると聞いて、新しい仕事にチャレンジをしたいと思ったんです!

え、福田さん、アメリカのディズニーで働いていたんですか??(知らなかった!)

海外で働きたいという夢は昔からあったんです。旅行会社で接客とか商品企画とか一連の流れを経験して、落ち着いてきた時期に求人を見つけて、30歳になる前にチャレンジをしたい!と思ってアメリカに渡りました。

福田 博美
昔から海外旅行が大好きで、2019年の夏季休暇はマレーシアへ!

自分がやりたいことを取りに、アメリカに行っていたんですね!さすがです!そこからのシェアフルでのお仕事、全く異なる環境、お仕事内容でしたよね?

はい、未経験の業界・職種でしたし、本当に何もない状態からのスタートでした(笑)立ち上げ期だったので、自分で仕事を作りながらお仕事を進めていく感じでした、それはとても楽しかったです。

当時は具体的にどのようなお仕事を担当していたんですか?

まずは事務全般、例えば業務委託メンバーの契約管理などを担当しました。立ち上げ期のシェアフルでは、パーソルグループとランサーズからの出向メンバーの他に、業務委託の方(特にエンジニアさん)が多く、一緒にサービス立ち上げをしていました。
その業務委託メンバー個別で、どの方とどのような契約を結んでいるのかを整理をしたり、毎月の見積もり・発注・請求管理や、その他総務機能を担当していました。雑務全般ですね、必要なことはなんでも拾ってやる、みたいな(笑)

▼新しいチャレンジの連続

なるほど、事業立ち上げの本当にバタバタな状態から、少しずつ整理をして、体制を作っていったのですね。その後から採用周りも動き出しましたよね。特に福田さんは、新卒採用を主導してくれていた!

そうなんです。シェアフルとして初の新卒採用!2020年4月に3名の新卒メンバーがジョインしてくれました!私自身が、採用活動経験がなく初めてだったし、シェアフルとしても初の新卒採用で、わからないながら、がむしゃらに採用活動をしていました。
Wantedlyで就職活動中の学生さんに向けて求人を出したり、そこからの書類選考、面接、内定出し、内定者フォロー・・・色々大変でしたが、良いメンバーに入社してもらえることが決まって、本当に嬉しかったです。

ほっとしたのも束の間・・・続いて入社式の準備や、入社後研修なども初めての取り組みでしたね。

そうですそうです!入社式・研修についてはパーソルホールディングスのものに一緒に参加させてもらったのですが、コロナの影響もあって、直前まで調整が続き大変でした。結果、入社式のみオフィスで実施できることが決まり、自分が関わった学生さんたちが新卒社員としてシェアフルで新しいスタートをする瞬間に立ちあった時は感慨深かったです。

お母さんみたい(笑)でもそうですよね、コロナの不安がある中、シェアフル全社的にリモート勤務に切り替えたり、ただでさえ変化をしていた時期に新卒メンバーを受け入れるのは大変だったと思います。

はい、シェアフルでは、パーソルグループとは別の体制(例えば、使っているPCや業務管理ツールが全く異なる)でお仕事をしているので、入社時研修でもシェアフル独自の研修内容を企画して、実施しました。
新卒メンバーがジョインした時期は、全社的にリモートワークをしていたので、不安もあったと思いますが、現場のメンバーのフォローもあって、スムーズに業務に入ってもらえたと思います。

チームプレーですね!新卒受け入れが落ち着いた後、直近はどのようなお仕事を担当してるのですか?

最近は労務周りのお仕事が多くなっています。それまで別の方が労務管理をしていたのですが、それを引き継いで労務マネジメント全般を担当しています。勤怠管理とか、給与計算・社会保険周りとか、パーソルホールディングスの力も借りながら、シェアフル独自の体制を整えています。

シェアフルの良い点でもあるのがパーソルホールディングスと連携できるところですよね。

法務機能や給与計算実務などは、パーソルグループの専門家のみなさまが助けてくれています。私は、労務周りを自社内で管理してパーソルグループに報告しています。
例えば給与計算はパーソルホールディングスがメインでやってくれているので、細かいインセンティブの調整や評価後の昇降給対応などのデータをこちらで整理をして受け渡します。法務相談窓口もあるので、法務関連はそこと連携をしています。
労務や法務周りの経験もなかったため、パーソルホールディングスと連携できるのはとても心強いです!

いいですね、パーソル全体でもチームプレー!

シェアフルはパーソルグループとしても初めての日々紹介サービスなので、前例がない中、専門家のみなさまの知見をお借りしながら、様々なルールを我々が作りに行っている自負はあります。
例えば、日々雇用でも社会保険に入ってもらうのですが、社会保険も色々な線引きがあります。
シェアフルとしても日々雇用をして、どのくらいの関わり方でどのラインの保険に入ってもらうのか、など、社会保険の加入ルール整備・切替対応など、まずはシェアフルとしての基準を作っています。
それがうまく行ったらクラアイアントへサービス展開にもつながる動きなので、身が引き締まる思いです!

そうか、まずはシェアフルとして実践をしてみて、その成功体験をサービスに盛り込んでお客様にも提案をしていく、いい流れですね。

はい、私のミッションはコーポレート機能系が多いのですが、このような形でシェアフルのサービスづくりにも携われているのでとてもやりがいがあります。まだまだ知識が足りないので、日々勉強です!

福田さんの今後のキャリアビジョンはどんな風に考えているんですか?

そうですね、今まで未経験ながら、採用・研修・労務周りの人事機能をお仕事として経験しました。今後は特に労務回りについて深掘って、専門性を高めていきたいです!
シェアフルのいいところは、自分でこの仕事をもっとやりたい!と手をあげたら、経験が少なくてもチャレンジをさせてくれる風土があるし、サポートしてくれるメンバーがいます。
今後もっと自分でインプットをしながら、人事制度づくりとかにもチャレンジして、シェアフルという組織を支えるお仕事レベルを上げていきたいですね。

▼シェアフルの母と呼ばれるゆえん

約2年間シェアフルで働いていますが、いまはどんな気持ちですか?

まだまだこれからですが、サービスとしてはよくここまで前進できたなと感心します!笑
2019年2月にリリースした時は案件が全くなくて個人のユーザーさんにもご迷惑をかけていた状態でした。短期間・短時間でご希望やご経験に合った仕事を柔軟に選択できるサービスを目指して、毎月シェアフル全体で目標を定め、毎月の目標をみんなで追いかけてきました。達成したらみんなで喜んで、達成しなかったらみんなで反省して振り返って・・・なんとかここまできました。

サービスが日々少しずつブラッシュアップされて行ったので、それに合わせてシェアフル全体の雰囲気も変わっていったのでは?

そうですね、仲間もどんどん増えていって、いろんな経験、価値観を持ったメンバーが集まってきて、いい意味でカオスです(笑)でも組織全体で勢いというか、盛り上がっていく雰囲気は感じていました。

今シェアフルでは業務委託メンバーも含めて100名弱くらい仲間がいますもんね。他のメンバーからは福田さんはシェアフルの母と呼ばれているそうですが!?

そうなんですか!でも、正社員・業務委託関係なく、新しく仲間がジョインしてくれるときの入社手続きや受け入れフォローはすべて私が担当しています。目まぐるしく組織が動いている中で、「誰に何を聞いたらいいのか分からない」と思うメンバーも多いので、「分からないことがあったらまず気軽に声をかけて下さい!」って伝えています。

ある意味、シェアフルのメンバーは全員福田さんの元から巣立って現場に入っていくという!まさしくシェアフルの母ですね、それは。

今はコロナの影響もあり、リモート勤務の人も多いのですが、毎日Slackのダイレクトメールを一番多く受けているかも!いろんな質問が日々届きます。
誰かが疑問に思うってことは、別の誰かも同じように迷っている可能性が高いから、ちゃんと仕組み化をしてシェアフルメンバーが業務に集中できる環境を作っていくのも私の役目だと思います。

カスタマーサクセスの発想!大事ですね。シェアフルは福田さんから見て、どんな組織ですか?

さっきもお話しましたが、動物園みたい!いろんな経験、価値観の人がいて、個性豊か。でも全体の向かう方向は同じで、全員で力を合わせている。
だからかはわからないですが、出戻りメンバーも多いんですよ。例えば業務委託メンバーが他のお仕事がお忙しくなってしまって、少しの間シェアフルを離れる、で落ち着いたらまた戻ってきてくれてシェアフルのお仕事をしてくれる、みたいな。

おお、それは嬉しいお話ですね。シェアフルが目指す状態のひとつに、「1日で入れて1日で抜けられる組織」ってありますもんね。

そうです!メンバー個々が希望する働き方に合わせて会社が最適な契約形態を柔軟にプランニングして、組織と個人が対等な関係で、一緒に事業を創っていける、そういう働き方を目指しています。

これから新しくシェアフルにジョインする人に求めるものは何かありますか?

とにかく明るく前向きに仕事を楽しめる人!お客様や自分の仕事に真面目に誠実に向き合える人!ですかね。今のシェアフルメンバーはそんな人たちが多いから、ここに共感をしてくれるような方にぜひきてほしいです。

なるほど!そういう人ならば、シェアフルの母、福田さんがまずはあたたかく迎え入れてくれることでしょう(笑)
シェアフル株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more