1
/
5

ラクスのWEBディレクターにインタビューしました!

こんにちは!中途採用担当の対馬です。

自社サービスとして「楽楽精算」「メールディーラー」等、No.1商材を生み出しているラクス
今回はシニアWEBディレクター、いわゆる「ラクスデザインの司令塔」としてディレクション業務に従事されているKさんにインタビューしました!

<対馬>Kさん、よろしくお願いします!最初に、現在の仕事内容について教えていただけますか?
<Kさん>現在、開発部のデザイン課に所属しており、ラクスのコーポレートサイト、各製品のwebサイト及びサポートサイトの制作業務管理を担当しています。また、クラウドEXPO等の展示会で使用するチラシ・ノベルティ等の制作も行なっています。現在、数名のデザイナーが所属しており、各部署からの制作依頼を確認し、デザイナーに案件を振り分け、関係者と連携しながら、スムーズに進捗できるよう調整していくというのが主な仕事になります。また、必要に応じて、自身も制作業務に携わることもあります。

<対馬>デザイン課ではwebだけではなく、DTP・紙と幅広い案件を対応されているんですね!


<対馬>1日のスケジュールはどのような流れになっていますか?
<Kさん>簡単に言うと、以下のような流れで仕事をしています。依頼のアサインや状況の確認など今後の依頼案件を早めにキャッチするために動いています。その他は、相談を受けたりと人とコミュニケーションをとることが非常に多いです。

============= Kさんの1日 ==============
  9:00  出社
 10:00  依頼ツールで新規依頼・対応状況を確認。必要に応じてMTG
 11:00  制作物(DTP)のダブルチェック、デザイナーや関係者からの相談対応
 12:00  ★ランチ★
 13:00  依頼ツールで案件の進捗管理
 14:00  デザイナーや関係者からの相談対応
 15:00  MTG
 17:00  各デザイナーと進捗状況を確認
 18:00  退社
=================================
<対馬>たしかにMTGや相談対応の時間が多いですね。各部署の担当者とデザイナーの間に立って調整しながら意見を出したりと各案件に深く関わっているんですね!

<対馬>その中で、どのような時にやりがいを感じますか?
<Kさん>一番は、ラクスが展開している製品全体に携われていることだと思います。製品ごとに企画担当者がいて、サイトも製品ごとに分かれていますので、それぞれの製品を把握するのは大変ですが、全てに関われているのでとてもやりがいがあります。個人的にですが、いろんな部分で貢献できているのではなんて、自負していたりもします(笑)
<対馬>ラクスでは幅広いサービスを扱い、製品ごとに様々な施策も行なっているので、その全てに関わることができるのは業務の幅が広がり、面白みややりがいがありそうですね!

<対馬>仕事をするうえで大切にしていることはありますか?
<Kさん>すごく大切にしているのは「コミュニケーション」です。全体に携わっていますので、いろんな部署から依頼がきます。そのため、関わる人数が非常に多いです。関係部署とデザイナーの間に立って、業務がスムーズに進捗できるよう調整することがミッションなので、伝え方や段取りには気を付けています。また、企画担当やデザイナーから相談を受けることも多いので、「聞く=聞き出す」ということを最も重要視しています。


<対馬>部署はどんな雰囲気ですか?
<Kさん>すごく雰囲気は良いです!デザイン課全体の人数は12名で、そのうち私のチームは7名体制で、私以外、全員女性になります。中には、時短勤務をされている方もいますので、対応できない部分は助け合うといった意識を全員が持っていて、フォローしあいながら仕事を進めてくれていますし、デザイナー同士で、自発的に協力したり教えてくれたりしてすごく助かっています。デザイナーのみなさんはスキルも高いですし、Web、DTPともにできるのでとても頼りにしています。
業務外では、みんなでランチに行くこともありますし、「ハッピーマンスリー」といってメンバーの誕生月にはみんなでスイーツを食べるというイベントを個人的に開催しています。喜んでいるかなと思っていますが・・・(笑)少しでも、モチベーションアップにつながればと思っています。
<対馬>素敵なイベントですね!業務外でもコミュニケーションをとり、チームメンバーが働きやすく、仕事がしやすい環境を作ることを大切にされているKさんならではのアイディアだと思います!

<対馬>転職活動をしている中で、ラクスに入社を決めた理由はなんですか?
<Kさん>ちょうどラクスがマザーズ市場に上場した時に転職活動をしていたのですが、その勢いと成長性に惹かれました!あとは個人的に中小企業診断士の勉強をしていたので、中小企業向けに事業を展開している部分にも興味を持ち、「中小企業を強くする」という理念に共感し、入社を決めました。
<対馬>日本のほとんどが中小企業であり、その中小企業向けにサービスを展開することで急成長しているラクス。その勢いのある環境で、自身も成長していきたいという方は多くいらっしゃいますね。

<対馬>実際に入社してみて、ラクスはどんな会社だと思いますか?
<Kさん>ハイパーホワイトな会社ですね!(笑)業務効率化のサービスを提供していることもあり、社内でも効率的に仕事を回すという意識が根付いていて残業も少ないです。急な対応が必要になることもありますが、効率的に仕事ができるよう、早め早めに対応し、後回しにしないということをより徹底するようになりました。有給も取りやすいですし、残業が減ったことでプライベートの時間がすごくすごくすごく増えました!

<対馬>残業が少なくなったことで、平日の夜の過ごし方も変わりましたか?
<Kさん>まず、子どもと過ごす時間が増えました!前職では23時過ぎまで仕事をするのが当たり前だったので、帰宅した時には寝てしまっているということがほとんどでしたが、今は一緒にごはんを食べて、遊んだりすることができています。その他には、読書が好きなので、本屋に立ち寄り、デザイン系の本を読んで勉強することもあります。好きなことをして過ごし、リフレッシュできているのですごく充実しています!


※仕事終わりに仏国旗カラーになっているスカイツリーを見に行きました!

<対馬>ラクスのWEBディレクターの魅力はどんなところだと思いますか?
<kさん>WEBディレクターというポジションは、昨年できた新設ポジションなので、前例がなく、こうしていきたい!と思ったことをどんどん実践していける点は魅力だと感じています。また、ラクス全体と関わる仕事が多いので、WEBディレクターとしてラクスにどのように貢献できるのか?を考え、行動していくことができるのは非常に面白いと思います。

<対馬>現在、Kさんと一緒に働く「WEBディレクター職」を募集していますが、どんな方と働きたいですか?
<Kさん>これまで話してきた通り、人と関わることが多いので、「コミュニケーション力」は必須だと思います。自ら、動いていける方が望ましいですね。あとは、向上心のある方とぜひ働きたいです。今後、各製品サイトをさらに良くしていくため、WEBディレクターの視点から改善案をどんどん出していきたいと考えているので、新しいことを考えるのが好き!という方もすごく向いていると思います。

<対馬>Kさん、貴重なお話をありがとうございました!

現在ラクスでは、WEBディレクター職を募集しております。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひご応募ください!
エントリーはこちらから→https://www.rakus.co.jp/recruit/
お待ちしております!!

株式会社ラクス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more