This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

What we do

クラウドファクタリングは売掛金の早期現金化です
これまでにない、圧倒的に早くて簡単な金融サービスを提供しています
【日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス】 企業が売掛金(入金待ちの請求書)を売却することで資金調達する手法をファクタリングといいます。これを日本で初めてオンライン完結で提供しているのが、弊社の「クラウドファクタリング」です。 サービスの特長は「はやい」「かんたん」「リーズナブル」の3点。書類提出から24時間以内に審査結果を回答、申し込みから契約までの手続きはオンライン完結、手数料率は業界最低水準の2~9パーセントと、圧倒的に便利な金融体験を提供しています。 中小企業がオフィスにいながら資金調達ができる、銀行借入でもVCなどからの出資でもない、あたらしい形のFinTechサービスです。 【クラウド会計freeeとも連携】 また直近では、クラウド会計のSaaSを運営するfreee社と連携を発表させていただきました。この連携により、freeeユーザーは売却ができそうな請求書を事前に把握することができるようになるなど、よりシームレスなファクタリング体験が提供できるようになりました。 【申込総額は100億円超、累計30億円の資金調達】 2017年10月のサービス開始以来、約1年半で申込総額は100億円を突破。さらに、ファクタリング事業における財務体質の強化と、主に採用強化に向けた投資の実行を目的とした資金調達を実施し、累計で約30億円の資金調達を完了しています。 ▼メディア掲載 TechCrunch Japan 『最短24時間で請求書を現金化、クラウドファクタリングのOLTAが25億円調達』 https://jp.techcrunch.com/2019/06/24/olta-fundraising/ THE BRIDGE 『創業2年で申込100億円超「クラウドファクタリング」の衝撃ーー請求買取のOLTAが25億円調達』 https://thebridge.jp/2019/06/olta 日本経済新聞 『請求書買い取りのOLTA、地銀に与信モデル提供』 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46352560Q9A620C1FFR000/ PR TIMES 『申込金額累計100億円を突破「クラウドファクタリング」のOLTAが25億円の資金調達を実施』 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000045310.html

Why we do

経営メンバーの集合写真
集合写真
【これまでにない金融体験を通して「不便さの慣れ」をあぶり出す】 世の中はこんなにもインターネットサービスが便利になっているにもかかわらず、私たちは「お金を借りることはめんどくさいものだ」と無意識的に思い込んでいるところがあります。 弊社ではこうした状態を「不便さの慣れ」と表現していて、とても厄介なことに、「不便だ不便だ」と声をあげるだけでは、この状況は何も変わらないと思っています。そうではなく、ユーザー体験の高い金融サービスを開発、提供することによって初めて対極にある既存金融サービスの不便さがあぶり出されると思います。 クラウドファクタリングは、まさにそうした「不便さの慣れ」をあぶり出すサービスであると考えています。 一例を示すと、クラウドファクタリングをご利用されたお客様にリピート利用頂くことも多いのですが、その背景に「今日申し込んで明日振込まれる」という、クラウドファクタリングの「はやさ」や「かんたんさ」に対して満足されたお客様がまたご利用頂くというケースが多いです。 これはつまり、銀行借入や既存のファクタリングだと、煩雑な書類作業を行い、交渉に時間を要したりするなどして非常に手間がかかっていたものを、オンライン完結型で請求書を売却することによって一気に「時短化する」というメリットをお客様が感じているということです。 銀行借入の交渉に手間や時間をかけるよりは、事業にガッツリ集中したいときの「攻めのファイナンスとしてのクラウドファクタリング」をもっと多くの人に知ってもらいたいと考えています。 【与信の再定義に挑む】 弊社は現在B2B×金融の分野でプロダクトを展開しておりますが、「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」というミッションに基づき、与信の再定義に挑むプロダクトを複数展開していきたいと考えています。 クラウドファクタリング事業は、表面的には金融サービスに見えますが、裏側は顧客に係るデータを、機械学習などを用いて多角的に分析して「信用に変換」する事業を行っております。 昨今は、アリペイが提供する「芝麻信用」が中国で浸透していることもあり、C向けのクレジットスコアリングに挑戦しようとする動きは、国内でもLINE、メルペイなど中心に続々と参入が相次いでいる状況ですが、B向け、特に中小企業のクレジットスコアリングに取り組む会社は弊社以外にないと自負しております。 弊社は与信を再定義する会社になることを決めました。そしてまずは巨大なファクタリングマーケットに参入し、中小企業の財務データを蓄積しながら与信モデルをアップデートし続けています。さらに「データ」と「与信」を切り口に中小企業のペインを解決するプロダクトを二の矢、三の矢として投入していきたいと考えています。

How we do

OLTAの3つのバリュー(OLTA STYLE)
出資、融資含め累計30億円の資金調達を実行しました
【3つのバリュー】 創業2年が経過した2019年6月に、ミッションを達成するための行動基準や「OLTAらしさ」を表す言葉として3つのバリューに絞り、全社会で共有しました。 ・Stay Gold ・Orchestration ・With Why に決定し、「OLTA STYLE」として全社共有しました。 また、組織のカルチャーとして「強みを持った個人が、適切な配置でその強みを発揮すれば、必ず組織は伸びる」と考えています。自分のWillやCanが会社のMustにミートする。そういった内発的動機をより重視した組織づくりや働き方を推進していきたいと考えています。 【OLTAの働く環境】 OLTAではメンバーがより働きやすい環境づくりを心がけ、日々制度をアップデートしています。 ・書籍購入制度 ・お好きなPCを支給 ・フリーアドレス制(集中スペース、ラウンジスペースあり) ・1on1の実施 ・副業可 ・選べる椅子制度(アーロンチェア、エルゴヒューマン、エンボディチェアから選択可能) 【技術スタック】 ・バックエンド:Python, Django ・フロントエンド:Vue.js, Nuxt.js ・インフラ:GCP, Kubernetes ・データベース:PostgreSQL ・リポジトリ管理:Github ・データ分析:BigQuery ・コミュニケーション: Slack, esa, Asana