This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

TGIFはフルリモート開催。2020年新卒入社の自己紹介LT大会で社内コミュニケーション活性

在宅勤務が広がっていますが、メンバー同士、社内メンバー同士でコミュニケーションは取られていますか。日経ではチャットツールやリモート会議ツールを駆使してます。

TGIFで円滑な社内コミュニケーションを

日経電子版などデジタルサービスに携わるデジタル事業部では、円滑な社内コミュニケーションを図るべくTGIFを開催してきました。2015年から開始して、今では70回を超えるイベントとして定着しています。

初のリモート開催は100人規模

昨今の状況を鑑み、今回は全員リモートでTGIF開催の運びとなりました。初のリモート開催となったのですが、参加者数は100人超。普段の会議室の現地開催では物理的に収容できない人数です。リアル開催よりも多くの人数が参加し、リアルタイムでチャットも盛り上がり大成功でした。新人メンバーもツールに慣れており、司会進行もスムーズでした。すごいですね~。

新人さんの自己紹介でしたので、趣味や出身地、特技が披露されると先輩社員が合いの手入れたり、チャットでコメントが入ったりと、参加者同士でも大いに盛り上がりました。

デジタル事業のTGIFって

TGIF とは Thank God, it's Friday の略で、いわゆる花金に相当します。弊社では金曜日の定時後にラフにコミュニケーションできる場として解釈しています。ドリンクを飲みつつ忌憚なく議論を交わし、部署を越えた課題の共有の場を実現します。TGIF は社内勉強会として2部構成。第 1 部は 30 分程度のプレゼンテーションを聴きます。第 2 部は、出席者がわいわい話して懇親を深めています。

テーマは様々で、ニューカマーの自己紹介LT、最近のリリース、新規プロジェクト、国内外の出張レポート、インターンの成果報告、記者の仕事、経営陣に聞くなど、様々です。

詳細はHACK THE NIKKEI で紹介しています。
https://hack.nikkei.com/blog/tech_book_fest04_tgif/

運営は1年目のメンバーが担います

TGIFの運営は1年目の新卒メンバーがチームを組んで行います。テーマの選定や登壇者への依頼、告知、当日の司会、ドリンクやケータリングの手配などを担います。いろんな先輩社員とコミュニケーションすることで人脈も広がります。歴代の先輩が残してくれたTGIFの運営ノウハウがQiita:Teamに蓄積されているので引き継ぎはスムーズです。また登壇者のガイドラインもQiita:Teamにあがっています。実は2015年の初回のMCはワタシが務めました。そのうち1年目の新人さんが毎年担うようになり代々引き継がれるようになりました。

最後に

在宅勤務が続くとチーム内での会話、チャットで完結することが多く、職場のいろんな人との会話が少なくなりますね。TGIFは幅広くコミュニケーションが図れる素晴らしいイベントです。職場のつながりを意識しながら金曜の夕方を過ごすのもステキなことです。日経の職場の雰囲気や取り組み、ポジション毎のお仕事に興味がある方は以下もご参考になさって下さい


興味が出た方は是非、Wantedlyの求人も見て下さい。過去の取り組みについて紹介しています。


Webデザイナー
iFデザインアワード2020受賞!日経ビジュアルデータのデザイナー募集!
日経ビジュアルデータは、日本経済新聞社が持つ取材力・編集力とデジタル技術を組み合わせ、ニュースの真相やツボ、世の中のトレンドをグラフィカルにわかりやすく伝えるWebコンテンツです。 私たちは、それらコンテンツ制作の専属チームとして、企画・設計からデザイン制作・実装・運用までを内製化しており、記者・デザイナー・エンジニアが一体となった連携力のある開発体制をとっています。 2015年5月に、自社メディア『日経電子版』の一部としてコンテンツを公開。以降、現在まで300件以上の制作実績、twitterやfacebookを用いたSNS展開、『日経電子版』で新しい報道表現を探るチームとしてデジタルコンテンツを提供し続けています。 コンテンツは、経済や所得問題、消費税、ユニコーン企業、東京五輪など…さまざまな企画を切り口として制作します。読者が自らグラフや図表を操作し、データを基に新たな発見ができたり、デジタルならではのインタラクティブ表現を用いたり…ニュースを身近に、リアルな体験を提供しています。 ▶ 日経ビジュアルデータ https://vdata.nikkei.com/ ▶ 制作事例 ・ 経済チャートで見る 新型コロナショック https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-economy/ ・ チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-chart/ ・ チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/ ・ 新型コロナウイルス感染 世界マップ https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/ ・ 学校で教えて欲しかったお金の話 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/clear-asset-formation/ ・ あなたの街の地価は? マップで見る上昇と下落 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/land-value-map/ ・ 独自データで読み解く グローバル200社の革新力 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/innovation-index/ ・ Neo economy 無形資産、成長の源に https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/neo-economy/ ・ さびつく成長の公式 〜逆境の資本主義1 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/new-capitalism/104851/ ・ 米中が火花 特許を巡る競争、図解で解説 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/patent-wars/ ・ 累計販売5億個 ロングセラー支える「ガンプラの裏側」 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/bandai-gunpla/ ・ 絶対王者のその先へ―メダルへの道 https://vdata.nikkei.com/tokyo2020/badminton/ ・ オリンピックの歴史 半世紀を振り返る https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/olympic-gallery2019/ ・ 入社1年目で知っておきたかった会計の基礎 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/clear-accounting/clear-accounting/ ・ 部下が「保育園落ちた」 ホカツの常識 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/children-wait-listed/ ・ ひとり暮らしシニア増減マップ https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/elderly-single-dwellers-map/ ▶ twitter, facebook https://twitter.com/nikkeivdata https://www.facebook.com/nikkeivdata/ ▶ 日本経済新聞社 CM「世界を変えよう。」2020年篇 30秒 https://www.youtube.com/watch?v=zJoQoiaw7qk ※0:20〜 私たち制作チームの制作風景カットがあります
日本経済新聞社


Androidエンジニア
会員数350万!! 日経電子版のAndroidエンジニア募集
『日経電子版(=日本経済新聞 電子版)のエンジニア』と聞いて、どんなイメージが浮かびますか? よく聞くのはこんな感じです 「難しそうな顔をしたスーツ姿のおじさん」 「外注に丸投げしてるんでしょ?」 うーん。前者みたいなひとは社内にいないわけでもない、ですが...。 実は、社内のエンジニア、それも20-30代のチームが中心となって開発をしています。 iPhone/Android向けアプリを筆頭に、UI/UX設計からアプリの実装までを内製化しており、一層の開発力強化を目指しています。 日経電子版は70万人を超えるデジタル購読数を持つ、世界最大級の経済ニュースサービスです。ビジネスパーソンの必携ツールとして評価を得ており、経営者をはじめとするリーダー層の方に多くお読みいただいています。 さらに、英国の経済紙『Financial Times』もグループに加わり、いっそうのグローバル化が進むことになります。打ち合わせを英語で行っている開発チームもあります。 「インターネットならニュースなんて無料で手に入る」と言われる時代に、なぜ70万人の人が有料でニュースを読んでいるのか? 重大な責任を伴う判断の材料には、正確で質の高い情報が不可欠。日経は、この有力な情報源としてご評価いただいています。 私たちは、多くの、確かな情報を、読みやすく読者にお届けすることが、私たちの価値であり使命だと考えています。 このために140年、新聞社としての取材体制や、紙の販売・流通体制を整えてきました。 いま、デジタルの分野で体制を整える必要があります。 軽快に動き読みやすいアプリ、自分に必要な記事を収集してくれる機能、外部サービスとの連携... いずれもすでに私たちが実現しているものです。 でも、やりたいことや改善したいことがまだまだ、あります。 日々の仕事などで、私たちの集めた情報を必要として下さっている方が大勢います。 Webサービスの開発に興味がある、ニュースサイト作りに興味のあるエンジニアの皆さん。 どうせなら多くの人に「必要とされる」「読まれる」サービスを一緒に作りませんか。
日本経済新聞社
日本経済新聞社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more