1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

What we do

【TikTokに強いインフルエンサーマーケティング事業】 データドリブンなプロモーションサービスを企画・制作・広告の運用まで一気通貫で提供しています。     【私たちの強み】 ①キャスティング力 提携インフルエンサーは現在157名超、総フォロワー数2,800万人。 日本最大級のTikTokの公認MCNだからこその拡散力と、クライアントの要望に合わせた幅広いジャンルでのキャスティングが強みです。      ②クリエイティブ制作力 代表がエンジニア出身ということもあり、私たちは徹底的なデータドリブンな事業推進を目指しています。TikTokの動画はデータ分析し、最新のトレンド・バズらせ方など、細かいノウハウを盛り込み動画を制作します。     ③運用力 商材ごとにクリエイティブの制作と分析のPDCAを回し、大量のA/Bテストを実施しています。        【新規事業を続々と】 インフルエンサーマーケティング事業を皮切りに、個人をエンパワーメントするサービス開発を複数企画しており、これからもドメインを変えずにたくさんのアプローチを生み出していきます。

Why we do

『人類をタレントに!』 それは一人一人が個性と才能を発揮し、ありのまま生きられる社会を実現することを指します。     人はみな、それぞれの色・形とも言える個性や才能を持っています。 生まれながらにして、一人一人が個性と才能を持った存在=タレントなのです。     一方で、世の中が多様化しているにも関わらず、社会や組織に定義された型にはめられ、ベルトコンベアで運ばれるようにその個性や才能が埋もれていると感じている人も多いのではないでしょうか。    たくさんの人が個性や才能を発揮できるなら、きっと世界はもっとワクワクできるものになっていくはず。    SNSの登場により「個」がフォーカスされ、自分らしさを発信できるようになりました。これからさらに「個」がメディア化していき、さらに世界観を持ったブランドを簡単に作れる時代になっていくと考えています。 「個」を表現することで評価され、生きていくことができる世界って素敵だと思いませんか?    だからこそ、「人類をタレントに!」というミッションを掲げ、私たちはこの領域での日本一を目指しています。

How we do

Nateeではインターネット的な方法を重視しています。 【実力主義のプロフェッショナリズム】 仕事をする上で一番欠かせないのがプロフェッショナリズム。自分の仕事に責任を持ち、やらされ仕事ではなく成果を出すことを自分で妥協しないことが求められます。 インターネットの世界では年齢は関係なく、FacebookのCEOのザッカーバーグがIPOをして1,000億円を超える資産を手にしたのは若干23歳の時でした。コミットし、成果を出すプロフェッショナリズムを前提に、年齢に関係なく裁量を与えています。 【データ(ファクト)ドリブン】 2020年代の最大の資産はデータだと言われていますが、Nateeでもセールスやマーケティング、製品開発において全てをデータ(ファクト)をベースに議論を進めています。 そのためにもまずは細かい数値管理をしていくこと、経過観測をすること、データから意味のあるインサイトを抽出すること、これらを元にしたファクトベースの意思決定を重ねています。 【オープンコミュニケーション】 インターネットは埋もれていた情報をオープンにしました。検索すれば出てこない情報はないし、企業の不正もすぐにSNSでわかるようになってしまった昨今。限りなく情報を開示し、どのステークホルダーからも認められるような透明性の高い経営を心がけています。