This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

Androidが出始めた頃から開発しているLang-8新CTOに聞いた、いま求める人材とは?【Lang-8 社内インタビュー vol.1】

今回は、Lang-8”初”インタビューということで、7月にCTO(最高技術責任者)に就任した八木俊広にインタビューしました!
月間28万人ほどのユーザが増え続ける「HiNative」が、今後どのように展開していくのか?
このインタビューでは、2回に渡り、CTO八木の今までのキャリアから現在・そして今後CTO視点から見る、Lang-8をどのようなエンジニア組織にしていきたいのか、Lang-8で働く魅力・求める人材・これから取り組む課題などなど!について迫りたいと思います!


ドラッグストアの店員から上京・リーマンショック、そしてAndroidとの出会い

── まず、改めて今までのキャリアを教えてください!

元々は高校を中退したあとドラッグストアの店員として働いていました。結婚するために奥さんの実家に挨拶に伺ったとき、義父から「東京に来て大学通いながらプログラマになったら」と言われてプログラマになることにしました。その後上京して、夜間の大学に受験しつつ就活し、どちらもなんとか合格できました。完全に未経験でとにかくいろんなことを勉強しながら働いていました。

リーマンショックの時に会社の仕事が一時的に全てなくなり、しばらく休業になりました。そんな中で社内の有志たちがいろいろな分野の技術をキャッチアップする勉強会を開いていたのですが、その中のテーマのひとつにAndroidがありました。まだ日本では販売されていない[Androidの端末]を渡されて「これで色々できるらしいから来週までによろしく」と言われたのがAndroidとの出会いです。その後サンプルとして作ったものを使って営業にまわったり、社内で勉強会を開いたりしながら徐々にAndroidの仕事を受注するなどしていきました。

Androidはオープンな世界なので、仕事だけでやっていくのはもったいないと思い、個人でも開発してアウトプットをし始めました。しばらくして、個人のアウトプットのつながりでお誘い頂いた会社に遊びに行ったら急に面接が始まって「分かってると思うけど合格です」って言われて「じゃあ行きます」と言って転職したのが2社目です。

2社目はAndroidエンジニアとして働いたのですが、ある日、社内のディレクターが社長に直談判して「ソーシャルゲームを作りたいので予算をください!」と言い出し、社内でエンジニアを公募していて、面白そうだしやろうかなと思い、ソーシャルゲームのチームに参加しました。エンジニアは最初は僕だけだったので、インフラからサーバの構築、データベースの設計やWebアプリの開発まで全部担当しました。今までは請負で受注してなにかを開発するという事だけしたやったことがなかったのですが、ユーザーに直接お金をいただくプロダクトを作る経験をそこで初めてしました。残念ながらゲームは事業としては失敗に終わり、その後普通の業務に戻ったのですが、やっぱりユーザーに直接価値を提供することをやっていきたいと思い、転職を決意しました。そして、クックパッドに入社しました。


感銘を受けたユーザーに対するマインド。そして、ユーザーファーストの追求へ

──クックパッドではどのような事を大切にしていましたか?

クックパッドに入社した当初は、僕は技術的なアウトプットをどんどんやっていくぞというマインドでいたんですが、例えば[一行のログの向こうには、一人のユーザがいる]とか[技術は手段にすぎない。クックパッド勝間氏が語る、いかにして「ユーザーファースト」を実現するか?]などからわかる通り、社内のエンジニアたちのユーザーに対するマインドに強く感銘を受け、ユーザーに価値を提供するために何が必要か真剣に考えるようになりました。

その後クックパッドの事業部が会社として独立することになり(トクバイ)、その立ち上げに参加しました。トクバイはスーパーやドラッグストアなどさまざまなお店のチラシや特売情報を閲覧できるサービスです。トクバイでは技術部長兼Androidエンジニアとして開発プロセスやサービスの改善に取り組みました。もちろんトクバイでもユーザーファーストの精神は受け継がれています。


エンジニアとして英語が非常に重要。これから社内の主要言語が英語になるLang-8に魅力を感じた

── トクバイを経て、なぜLang-8へ?

実はLang-8はクックパッドへいく時に検討した会社のひとつでした。Lang-8のミッションである「世界中のネイティブスピーカーが持つ知識・経験のExchangeを促進させる。」という思想が面白いなと思っていたからです。その時はクックパッドに入社しましたが、時々「HiNative」の手伝いをしたり、Lang-8とは何かと以前から縁がありました。

僕はエンジニアとして英語が非常に重要だと思っていて、Androidに関するアウトプットにしても日本国内だけの発信では限界があるなと感じていました。本を書いたり、講演して話をしたり様々なことをやっても、英語を書いたり話せないことに壁を感じ、そこを突破するには英語圏の人と一緒に働き、ディスカッションできるようになる事が必要だと思いました。

そういった環境を探すなかで、すでにミッションに共感を持っているという点、自分のスキルや経験が、これから組織が大きくなっていくフェーズで役に立てそうだという点、あと自分の今の英語のレベルでいきなりばりばりグローバルな会社にはいけないなと思い、これから外国人の方が多くなっていき、かつ主要言語も英語になっていくはずという成長期である点、その3点から入社を決めました。



・・・というわけで、前半は以上となります!!
八木の今までの経歴〜Lang-8に入るまでをお送りいたしました。
後半は、八木にとってのLang-8、そしてこれからについて迫りたいと思いますので、お楽しみに♪

そして、Lang-8では現在、エンジニアを絶賛募集しています!
我々のミッションに共感し、グローバルなサービスを開発したい方、まずはオフィス見学にお越し下さい!

Railsエンジニア
資金調達完了!グローバル展開を加速させるフリーランスのRailsエンジニア
◆◆全世界450万人のユーザー。UU800万人突破!97%が海外ユーザーの「HiNative」を運営◆◆ 私たちは外国語についてわからないことを気軽にネイティブスピーカーに質問できるQ&Aサービス「HiNative」を開発〜運営しています。(https://hinative.com/ja) ◆私たちの強み 日本発信のグローバルサービスです。 110言語に対応し232カ国の国と地域からアクセスされています。 ①累計質問数は1,100万件!全世界の方々が使うサービス。 外国語や海外のことについて、気軽に全世界の方に質問可能 累計質問数は伸びており、またそれに対する回答数は2500万を超え、今後も増え続けていきます。 ②アウトプットとフィードバックで語学能力の向上を促進 HiNativeでは、アウトプットとフィードバックを得られるコミュニティを作り、本質的に語学能力が上がるプラットフォームを提供することを使命としています。 ③言語学習を超えたコミュニティへ HiNativeでは、用意されたコンテンツで勉強するのでなく、生身の人間同士の交流で生きた言語と文化の交流を促進して行きたいと思っています。 ◆今後の展開 2018年9月には第三者割当増資による約6億5000万円の資金調達を実施。サービスも会社も急成長を遂げていきます。 まずは、世界中の人が知識や経験を言語を超えて共有できるようなプラットフォームをつくり、全世界一億MAU、ユーザー数は2019年で1000万ユーザー、2020年で6000万ユーザーを目指しています。 また、今まではCEOが全ての意思決定をしていた体制からチーム単位での意思決定をするフェーズへと移行。裁量権が持てる今のタイミングだからこそ皆さんの「自律駆動」が欠かせません! ◆私たちのことがほぼわかる会社概要資料はこちら! https://www.wantedly.com/companies/lang-8/post_articles/167416
株式会社Lang-8
Anonymous
Picture?height=40&width=40
77fff180 e668 4212 8c23 985e730118a2?1530768301
C384e1da 9f6b 4049 992d d797e9ab76e1?1509356517
13221684 1289092754437400 1978335326195297065 n
7dc24b43 66a9 45af a3d2 98440a39b9e6?1522371626
11 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
77fff180 e668 4212 8c23 985e730118a2?1530768301
C384e1da 9f6b 4049 992d d797e9ab76e1?1509356517
13221684 1289092754437400 1978335326195297065 n
7dc24b43 66a9 45af a3d2 98440a39b9e6?1522371626
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon