1
/
5

【内定者インタビュー企画 】新卒入社2年目!営業を担当する社員先輩に就活時代~現在の業務までざっくばらんに聞いてみました!

はじめに

インタースペース22卒内定者の川村です!

今回は2020年に新卒でインタースペースへ入社し、現在2年目のパフォーマンスマーケティング事業部メディア局ポイントメディアグループのK.Sさんにインタビューを実施しました。現場で働いている先輩社員さんから、インタースペースに入社を決めたきっかけや現在の業務内容などをお伺いしました。

0から1を作る

―まずはK.Sさんの経歴を教えてください!

インタースペースに入社して2年目になります。入社してから、アフィリエイト局のメディアコンサルティンググループに配属されました。現在は組織の立ち位置や名称が変わったため、パフォーマンスマーケティング事業部メディア局ポイントメディアグループとして活動しています。

―現在の配属先は自ら希望を出されたのでしょうか?

はい。入社時の研修期間で、Web広告に関するテストやPowerPointやExcelを使用した課題、事業部説明などを受けて、事業部やグループを理解することができました。さまざまな事業部やグループがある中、美容メディアでのインターンにやりがいを感じていたこともあり、メディアに近い立ち位置で働きたいと決意しました。そして、希望を出したのが現在の配属先です。

―研修期間はどのようなことを行っていたのでしょうか?

研修は「人事研修」と「事業部研修」の2回ありました。人事研修では、広告知識やビジネススキル、キャリア研修を行い「社会人とはなにか」を学べたと思います。事業部研修では、事業部の売り上げなどの数字の見方や業務ツールの使い方など「専門的な知識」を学び、現在の業務につながる研修を行いました。

―入社当初は右も左もわからないところからのスタートだと思いますが、初歩的な部分から学ぶことができますね!

―現在の配属先では、どのような業務を行っていますか?

簡単にいうと、メディア様の売り上げをWin-Winな関係でつくっていくことを行っています。私が所属しているグループでは、ポイントサイトを運営されているメディア様へ提案を行っています。

―仕事をしていてやりがいは感じていらっしゃいますか?

やりがいは2つあります。大きい案件が決まったときと自分発信でメディアの担当者様と考えた企画が成功したときです。

―自分発信で考えた企画を詳しくお伺いしてもよろしいでしょうか?

現在、ポイントサイトでは「ユーザーの質」の改善が求められています。本来であればユーザーに商品・サービスそのものを魅力に感じてもらい、購入・利用してもらうというのがあるべき姿になりますが、ポイントサイトにおいては「ポイントの獲得だけ」を目的としたユーザーも一定数存在します。

この状況を打開すべく、担当するメディア様と話し合い、通常の掲載方法から記事形式の掲載に切り替えることにより、商品・サービス理解を深められ、課題の解消に繋げることができました。また、これまで実施事例のなかったYouTube施策も提案し実施することができました。

インタースペースの魅力とは

―インタースペースに入社された理由を教えていただけますでしょうか?

1番の理由は、他の会社の選考と違うと感じたことです。具体的に言うと、面談時にモチベ―ショングラフを書き、グラフに沿って親身に人間像を理解しようと聞いてくださいました。そういった対応もあり、自分を取り繕うことが無く、面接に挑めたことが印象的です。現在も上司に対して気軽に話せる環境で、相談をすると先輩方が親身に話を聞いてくれます。雰囲気がとても良い会社です!

―就活軸は何でしたか?

大学2年生から4年生まで美容メディアでインターンをしていたので、広告が身近にありました。そのため、「広告で感動するものをつくりたい!」と思いました。感動するものをつくるため、広告知識を得て、メディアとの関わり方や考え方などを学べる場所で働きたいと思いました。

―入社当時は、「感動する広告をつくりたい!」という目標でしたが、現在の目標も変わっていませんか?

今も大幅には変わっていないのですが、少しずつ変化はしています。自分にしかできないような新しい物をつくりたいです!

―インタースペースに入社されてギャップはありましたか?

面接のときと同じ雰囲気で働けているので、悪いギャップはありません。入社時はすでにコロナ禍だったこともあり、上司との交流は少なくなってしまった部分はありました。ですが、オンラインを使用してお話する機会も多くあったので、話しづらいと思うことはありません。ですので、コロナで先輩との距離感を感じたこともありませんでした。

―距離ができないように自分自身で気を付けていたことはありますか?

わからないことは、1人で考え続けていても解決できません。できる限りのことは行ってから「私は○○だと思うのですが、どう思いますか?」など、率先して上司に質問しました。上司とのズレが生じないように、コミュニケーションを多くとるように心がけていました。

―働いていて感じる、インタースペースの魅力はなんだと思いますか?

人です!私はグループの人が大好きです!!とても仕事がしやすい環境だと思います。挑戦したいことも、上司が「やってみな!」と勇気づけてくれます。もちろん指摘もしてくれるので、会社内でもWin-Winに繋がる関係性を築けていると感じています。また、メディア様の担当としてメディア様とのWin-Winについては意識して仕事をしておりますが、「広告主様にとってWin-Winじゃないと思う」と言われることもあります。ですので、会社内だけでなく、利害関係者すべての方とWin-Winの関係を築けている部分も魅力的です。

―入社当時を振り返って、インタースペースに入社してからどのような時に成長を感じますか?

たくさんあります。入社当時は、がむしゃらに業務を行っていました。しかし、できなかったことを振り返り、行動を見直すようになりました。また、「自分の考えがうまく伝わらない」ということがありましたが、「伝わるように伝えるスキル」が向上したと思います。

―最後にこの記事を読んでくれている学生にメッセージをお願いします。

どのような場所で、自分がやりたいことが実現できるのか、どのような場所で働きたいのかを明確にしたほうが良いと思います。悪いことへのギャップはなるべく無いように決断して、頑張ってください!

インタビューありがとうございました!

K.Sさんが思う、インタースペースの魅力や現在の仕事内容など、幅広くお話していただきました。インタースペースの魅力やK.Sさんの魅力が伝わっていたら嬉しいです!

ぜひ、今後インタースペースの選考に進まれる方の参考になればと思います!

株式会社インタースペース's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings