1
/
5

ビジネスユーザーの学びを変える!セミナー動画プラットフォーム「Seminar Shelf」が『bizplay』へ名称を変更した背景とは?

2018年8月からスタートしたビジネスパーソン向けのセミナー動画プラットフォーム「Seminar Shelf」が、2021年7月1日より名称を『bizplay』へと変更いたしました。

今回は「bizplay」変更の背景やサービス内容について、事業責任者である山北正晃さんにお聞きしました。

■bizplayとは?

「ビジネスを、もっと面白く。」をコンセプトとしたビジネス動画プラットフォームです。
楽しく学べるような「ビジネスバラエティ動画」から明日の仕事に役立つセミナー動画まで、幅広い動画コンテンツを無料で視聴することができます。




「bizplay」変更の背景

ーさっそくですが、サービス名を「bizplay」へ変更した背景について教えてください。


「Seminar Shelf(セミナーシェルフ)」ではセミナーという名の通り、これまでビジネスセミナー動画を中心に展開していました。

当初はリアルのビジネスセミナーの開催企業も参加者も大きな課題があり、そこを解決したいという想いでサービスをスタートしたのですが、ウィルス感染拡大によりテレワークやおうち時間が劇的に増え、ウェビナーやオンラインコンテンツ視聴の需要が一気に高まり、我々もその影響を受け、会員数や視聴数が劇的に伸びました。

外的要因で事業拡大につながったのは良かったのですが、同時にマーケットが拡大していく中で競合の台頭や、ビジネスユーザーの可処分時間を取りに行くコンテンツも増えてきたので、あらためてユーザーに支持されるコンテンツや、継続的に使い続けてくれるサービスにしていかないと、これ以上の事業の伸びは難しいのではないかと感じました。

そこでチームのメンバーと何度も議論を重ね、事業で実現したい世界観や、ユーザー・クライアントに提供したい価値を再定義して今回のリニューアルのコンセプトを決めました。


コンセプトは、「ビジネスを、もっと面白く」

まずはビジネスシーンで必要なスキルやマインドを学ぶ以外にも、世の中でおもしろいサービスやチャレンジしている企業を知ってほしいという想いから、オリジナルコンテンツを量産し、堅い経済番組ではなく、気軽に楽しみながらビジネスを学んでほしいということで、コンセプトを変更しました。

この想いはサービス名にも込められています。『bizplay』はbiz(ビジネス)+ play(動画の再生・遊ぶ)という意味を持たせた造語なのですが、動画を通じて楽しみながら学びを体験していただきたいと思っています。




ー「オリジナルコンテンツを量産する」とおっしゃっていましたが、具体的にどのようなコンテンツなのでしょうか?

例えば、業界の著名人とクライアント様が対談いただく「スペシャルセッション」や、芸能人の方にご出演いただき番組形式でユーザーが楽しく学べるコンテンツなどを提供していく予定です。

直近でいうと、キャイ~ン天野ひろゆきさんをMCに迎え、重盛さと美さん、東京ホテイソンさん、ANZEN漫才あらぽんさんをはじめとした豪華芸能人の方々にご出演いただくビジネスバラエティ番組「ON THE JOB こう見えても仕事中です。」が始動します。







ー楽しみながら学べそうな番組ですね!最後に、今後の展望をお聞かせください。

これまでテキストや画像などを中心にインプットしていた情報を、動画に変更することによってより分かりやすく、いつでもどこでもユーザーが学べる、そんなビジネスのきっかけを提供していけたらと思っています。

今まで多くの方にご利用いただいていた「Seminar Shelf」ですが、『bizplay』に変わってもさらにたくさんの方に知っていただくため、YouTube展開やパートナー企業とのコラボレーションなどの施策も積極的に行っていきたいと思います。

今後の「bizplay」に、是非ご期待ください!

株式会社イノベーション's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more