1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

グロービス経営大学院 社員紹介ブログ #04~田邊こころが語るグロービスの仕事~

こんにちは!グロービスのスクール部門採用チームの山口です。

前回の社員紹介ブログの投稿からすっかり時間が経ってしまいました(汗)

本日は、社員紹介ブログ#04をお届けします!

コロナ以後色々ありましたが、グロービス経営大学院は元気に変わらず学びを届けております^^

今回は「サービス・コンシェルジェ・オフィス」で働く田邊こころ(たなべこころ)さんです!田邊さんの属する「サービス・コンシェルジェ・オフィス」は、講師のサポートやクラスの準備・フォローなど、まさにグロービスでの学びを下支えする仕事です。

例によって、「今どんな仕事をしているの?」「その仕事のやりがいは?なぜそれをやりがいと感じるの?」「グロービスの好きなところ or入社してよかったなぁと思うときは?」の3問構成です。

今回はコロナの影響を受けてグロービス経営大学院の運営がどのように変わったのか?にもフォーカスをあててインタビューしました♪

ホスピタリティ溢れる「サービス・コンシェルジェ・オフィス」の仕事紹介、是非ご一読ください~♪


1、今どんな仕事をしているの?

「サービス・コンシェルジュ・オフィス」は、大学院クラスの学生と講師のサポートから、実際のクラス運営までを幅広く担うチームになります。グロービスは経営大学院だけではなく、必要な科目を1科目から学べるグロービス・マネジメント・スクールや、エグゼクティブ層向けのスクールなど、身につけたいスキルや個々のキャリアに応じて幅広いスクールを運営しています。中でも私はクラス運営と講師サポートを担当しており、クラス準備から当日の運営、クラス後のフォローまで、クラス全般に関わる業務を担っています。東京校は全国の中でも一番開講クラス数が多く、週末は30クラスを超えることもあります。そういった中で、各クラスにおいて、受講生の方々が安心して快適に学んでいただけるよう、日々チームで話し合いながら環境を整備しています。
受講生へ質の高い学びを届けるために、講師側の教える環境を整えることも、このチームにおける大事な仕事のひとつです。教室内の備品や教材、配布物といったハード面はもちろんのこと、受講生からのお声やご要望を講師に届け、どうしたらより良いクラスにしていけるか、といったサポートを行うこともあります。
直近で印象に残っているのは、新型コロナウィルスの影響により、3月に大学院の通学クラスをすべてオンラインクラスに切り替え、クラス運営を行ったことです。講師も受講生もオンラインクラスが初めての方がほとんどの中、クラスの質を下げることなく、集中して学んでいただけるよう、その実現に向けた現場オペレーションに奔走した数か月でした。
最近はクラス運営やオペレーションという枠を超え、受講生や講師の方々のためにどんな新しい価値が提供出来るのか、といった新しい領域にも取り組んでいます。現場にいるからこそ得られる情報や、多岐に渡る業務範囲、そして仕事を通して関わる人の多さといったこのチームの強みを活かし、新しい業務や施策に広げていけるのもこのチームの魅力だと感じます。


2、その仕事のやりがいは?なぜそれをやりがいと感じるの?

仕事のやりがいは、多くの人のエネルギーを直接肌で感じられることです。
私が個人的に好きな瞬間は、平日の22:00を回り、受講生の方々がクラスを終えられ、各教室からどっと出てこられる時間帯です。その瞬間は、言葉ではなかなか表現しづらいのですが、物凄いエネルギー量が一気にキャンパス内に充満する瞬間だと感じます。私自身、初めて東京校に足を運んだ際に、このエネルギー量に驚かされ、「この空間で働きたい!」と思ったことが最終的な入社の決め手でした。現在はまさに仕事を通して、その空間を作る側に携われていることを嬉しく感じていますし、間違いなく日本で一番エネルギー量の溢れる場所だと思っています。
クラス前はお仕事を終えて少しお疲れのご様子の皆さまが、クラス後には見違えるほど生き生きとしたご様子で懇親会に行かれる姿を見ると、「今日も良い時間を過ごされたんだな」と、ほっとする瞬間でもあります。
私たちのチームの仕事は表立っては見えてこない裏側の仕事がほとんどですが、これらの仕事がなければクラス運営は成り立たないですし、根底を支える大事な仕事でもあります。そんな中でも、現場で日々受講生の方々の笑顔や、生き生きとしたエネルギーを肌で感じながら仕事に向かえることがやりがいだと感じています。


3、グロービスの好きなところ or入社してよかったなぁと思うときは?

文化としてスピード感とポジティブさ、温かいコミュニケーションが根付いているところです。
先程も少しお話しましたが、3月の緊急事態下では、大学院の全クラスを通学からオンラインへと切り替えました。それに当たっての意思決定から実行までのスピードは目覚ましいものでした。トップの意思決定の迅速さや、それを行動に落とし込む現場のスピード感と行動力に、入社して間もない私は非常に驚かされました。また、このようにピンチな状況であっても、それをチャンスとして捉えるポジティブさや、いつも以上に周りを気遣う温かい言葉が飛び交っていることにも驚きました。
周りのため、チームのため、人のために自分は何が出来るのか、ということを真剣に考え、それを素早く行動に移せる人が多いのもグロービスの好きなところです。その背景には、相手の状況や、そこから発生する感情を自分事として引き寄せながら仕事をしている人が多く、それが結果としてハートフルなコミュニケーションを生み出す文化に繋がっているのだと感じます。

株式会社グロービス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more