1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

【One Love Project】サッカークラブを通じて、アフリカ諸国を支援するプロジェクト開始!

こんにちは!グローバル事業推進室のAkiです。

※Freewillでは、役職問わず互いをあだ名で呼び合う文化があります。

Freewill のオリジナルサービス、SPINでは、現在も引き続き、新型コロナウイルスの影響を受けた、世界各国の文化を支援する「One Love Project 」が継続中!

6月1日に投稿したOne Love Projectの記事に続き、One LoveProject内で開始されたアフリカProjectについてお知らせします! (先日の記事はこちらから


アフリカ・ケニアで新プロジェクト始動!

皆さんは6月20日が「世界難民の日」だということをご存じですか?

その日に合わせて、「One Love Project」では、新型コロナウイルスにより影響を受けているアフリカ諸国をサポートするプロジェクト、題して「スポーツは国境を越える。人々を『One(ひとつ)』に(A-GOALプロジェクト)」を2020年6月20日にスタートしました。

★アフリカプロジェクトのストーリーはこちらから

今、COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大を防ぐロックダウンのため、アフリカ各地で失業者が続出しており、深刻な食料不足に直面している人も少なくありません。

このプロジェクトでは、プロジェクト実施者の岸卓巨と関係する、アフリカ各地にあるスポーツクラブを拠点に、ケニアのカワングワレスラムに住む人々をはじめ、アフリカ各所へ支援物資を届けることを目的としています。

カワングワレスラムの現状

生活風景。これからの生活に、不安が隠せない様子

ケニアの首都、ナイロビの西部にある、人口30万のカワングワレスラムは、住民の多くが1日1ドル以下の生活をしていると言われています。

これまで、住民の半数以上は近隣の高級住宅地域で、警備員や家政婦、クリーニングといった職により生計を立ててきましたが、4月上旬のロックダウン政策開始により、高級住宅街の人々は家のシャッターを下ろし、スラム街から働きにきていた人々は次々と解雇されてしまいました。

政府からの支援があるものの、現実は、地域の管理者が、政府から届いた物資を、自身の親族や近隣住民に優先して配布してしまうことは少なくなく、支援が末端まで行き届いていないのが現実です。

生き抜くために自分の携帯電話や、住居の壁をはがして売って命を繋いでいる住民もいます。

そこで立ち上がったのが、青年海外協力隊として、ケニアでスポーツを通じて子どもたちの教育指導なども行ってきた経験を持つ岸さんと、地元のスポーツクラブでした。

岸さんは、「One Love Project」の運営メンバーのインタビューの際、こう教えてくれました。

「ボランティアのメンバーと活動を続けるうちに見えてきたのは、厳しい状況にあっても、より困窮している他人のために支援を辞退する人々や、あたたかくもてなしてくれる地元の人々。この状況下においても、コミュニティとして強く支え合う彼らに、本当の豊かさを感じます」 

「One Love Project 」の運営メンバーも、こうして、国境を超えて人のために尽力する方々と協力し、プロジェクトを実施できることに感謝し、誇りをもって取り組んでいます。

Freewillの取り組みに共感した方、一緒にプロジェクト運営に関わってみたいと感じた方は、お気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンを押してみてくださいね!


ー最後にー

「One Love Project」では、アフリカ諸国を含め、ウクライナやタイなど、4か国を支援中。今後も日本国内や、世界各国へと支援の輪を広げていく予定!是非、SPINの各プロジェクトのストーリーをご覧ください。
・スポーツは国境を越える。人々を「One(ひとつ)」に(A-GOALプロジェクト)~Africa United!地域スポーツクラブをハブにコロナ禍で苦しむ人々へ食糧を届け、国を越えて愛をつなぐ~
https://spin-project.org/projects/44)
・ネパールの変わらない優しさに学ぶ 〜コロナの影響を受けたネパールの農村200世帯へ食事を〜
https://spin-project.org/projects/41)
・Changing the future of children with physical disabilities in Ukraine 〜Support them by funding their treatment equipment!〜(ウクライナの身体障がいを持つ子供たちを支援するプロジェクト)
https://spin-project.org/projects/39)
・タイ文化の象徴を守りたい。エレファント・キャンプへ食料を!
https://spin-project.org/projects/32)


★SNSでも配信中★
■SPIN専用アカウント
SPINの各アカウントでも、ストーリーとともに、各国の様子を感じられる写真を配信中♪
ぜひチェックしてみてください。
Instagram(@spinprojectnpo)https://www.instagram.com/spinprojectnpo/
Twitter(@spinprojectNPO)https://twitter.com/spinprojectNPO


■Freewill CEO、T.AsabaのTwitter & Facebookアカウント!
CEOの思うビジネスの基本や、Freewillのビジョン、実施中のプロジェクトなどについて毎日つぶやいています♪ 『Freewillのことをもっと知りたい!!』という方は要チェックです!
Twitter @AsabaToshi https://twitter.com/home
Facebook https://www.facebook.com/toshi.asaba


■Freewill公式Twitter(@IncFreewill)https://twitter.com/IncFreewill
■Freewill公式Instagram(@seizeyourwill)https://www.instagram.com/seizeyourwill/
■Freewill公式Facebook https://www.facebook.com/seizeyourwill

株式会社Freewill's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings