This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

日本がモノづくりの拠点となるために必要なこと ーー『BIT VALLEY 2019』運営の主担当が語る、イベントの裏側と成長し続けるために必要なマインド

2019年9月13日から14日にかけて開催された『BIT VALLEY 2019』。インターネット関連会社4社で共同開催した本イベントは、「モノづくりは、新たな領域へ テクノロジーとクリエイティビティが交差する世界」というテーマのもと、さまざまな領域の名だたるクリエイターによるトークセッション、企業の協賛ブースやワークショップ、学生を中心に行われたランチセッションなどを展開し、大きなインパクトを残しました。

『BIT VALLEY 2019』運営の主担当として奔走したのは、エンジニア出身の技術広報・森岡 志門(もりおか しもん)。森岡によると、運営の裏側には、4社共通の課題意識があったといいます。それはいったいどんなものだったのでしょうか。

また、文系出身ながらエンジニアとして新卒でDeNAに入社し、14年のキャリアを持つ森岡に、キャリアを積むうえで大切なこと、DeNAで結果を出していくために必要なマインドについても聞きました。

目次

▼続きは『フルスイング』でご確認ください。

株式会社ディー・エヌ・エー's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more