1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

What we do

子育ての不安を解消する「ママリ」、ママの就労の課題解決を目指す「ママRework」、購買に悩む家族を支える「ママリ口コミ大賞」
育休の質を改善するための育休冊子の制作・自治体配布、家族でのお出かけの悩みを解消する「アチコチ」
---------- ※コロナウィルス対策により、面談・選考は原則オンラインで行なっております。 ※ご入社いただく場合も、状況が落ち着くまではリモートメインでの勤務を予定しておりますのでご安心ください。 ---------- コネヒトは、 "家族" を取りまく様々な課題の解決をめざす、日本の中でもユニークなドメインを持つ会社です。 主軸事業は「ママの一歩を支える」をミッションにしたサービス "ママリ"(*1) です。 ママリは妊活、妊娠、出産、育児という生活激変の時を歩む女性たちの悩みや不安を解消し、喜びや幸せが共有されるコミュニティとしてなくてはならないものとなり、2019年には子供を出産した母親の3人に1人(*2)が登録するサービスへと大きく成長しました。 しかし、ママリを通して見えてきたのは、ママを支えるだけでは解決できない課題がたくさんある、ということ。そこで、2019年に新たなビジョンステートメントを定め、ビジョン達成に向けて新たな事業の創出、拡大に取り組んでいます。 育児のブランクを抱えたママがもう一度働くことの課題解決をめざす就労支援事業 "ママRework"、 豊富なママリユーザーの声を生かしてはじめての購買に悩める家族を支える "ママリ口コミ大賞" のほか、国勢調査と並ぶ回答数を誇る ”家族に関する実態調査” の実施や、育休の質を改善するための「とるだけ育休」冊子の自治体配布を通じた社会への提言など、様々な分野へとサービスを広げており、収益構造も、有料会員向けサービスをリリースした2017年以来、記事広告・アプリ・SNSでの非常に健全なポートフォリオとなりました。 KDDIの傘下会社として、コネヒトが保有する出産・育児関連の購買データの活用や、KDDIが取り組むSDGs分野でのシナジーも期待されています。大企業の資本やネットワークを活用しながら、同時に創業以来のスタートアップらしい気質や文化は強く継承されています。 *1:ママリURL:https://mamari.jp *2:「ママリ」内の出産予定日を設定したユーザー数と、厚生労働省発表「人口動態統計」の出生数から算出

Why we do

私たちコネヒトは、「家族像」というテーマに向き合う会社です。家族を学んで、アクションし、時にパートナーと一緒に、「あなたの家族像」が実現できる社会の実現を目指しています
それぞれの「家族像」を実現するための課題を大きく4つの領域に分類し、その領域ごとの課題を解決するために既存事業の推進と、新規事業の展開を進めています
誰もが思い描く家族を実現できる社会をつくるためには、就労環境、医療・保育、社会の意識など複雑に絡み合った問題を、ひとつひとつ解きほぐして光を当てていく、壮大で地道なプロセスが必要です。そして、一番近い存在である父親をはじめ、働く会社、病院や幼稚園、保育園、自治体など、家族を取り巻く社会全体が想像力を高めていくことも必要です。 母親のいちばん近くで、新たな家族を迎えるフェーズでの不安や悩み、そして最高に幸せな場面に寄り添ってきたコネヒトだからこそ、この問題にひとつひとつ問いをたて、新たな事業を生み出し、あらゆるパートナーとともに解決していける立場だと考えています。

How we do

期初の経営戦略発表時に全社員で行う「わくわく感といけそう感ワーク」
新たな驚きを作った従業員のストーリーを社長が1対1で紐解く「サプラジ」
【MISSION/VISION/VALUEについて】 コネヒトはさまざまなバックグラウンドを持つ人がいる多様性のある会社ですが、共通して大切にしているMISSION/VISION/VALUEがあります。 ●MISSION● 人の生活になくてはならないものをつくる ●VISION● あなたの家族像が実現できる社会をつくる ●VALUE● 肯定からはじめよう Affirm&Follow 驚かせよう Surprise コネヒトのビジョンを達成するためには、未来の社会の姿にわくわくする感情的な合意と、実現するための戦略に対する理性的な合意の両方が必要だと考えています。 そのためコネヒトでは、創業当初から組織と個人の関係性をフラットにすることで、感情的な合意を醸成し、理性的な合意を促す社内の対話を大切にしてきました。 実現するための社内の取り組みは様々ありますが、代表的なものを2つご紹介します。 <わくわく感といけそう感ワーク> 期初の戦略発表時に、部署ごとに実施するワークです。戦略を達成したその先にある未来に対する「わくわく感」を醸成するためのワーク、具体的な戦略を理解した上で現状の不安や懸念を取り除く「いけそう感」を醸成するためのワークの2つで構成されます。 実際の不安や懸念を表面化し、それらを組織の課題として向き合い、最善の解決策を探る場でもあります。 <サプラジ> 新たな驚きを作った従業員のストーリーを社長が1対1で紐とき、動画・音声を通して社内に共有する企画です。 コネヒトのVALUEである「驚かせよう(Surprise)」は、仲間やユーザーやクライアントにとって、いったいどのようなものなのか。仲間がどう考え、どう動き、どう結果を出したのか。そのプロセスを社長が自ら紐解く「サプラジ」は社内でも好評で、次の驚きを作る側としてのモチベーションを高めます。