This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

【世界を知る】15年振り二度目!!

こんにちは、Gozioki代表の吉田です。Goziokiでは『〜世界とGET INVOLVED〜』をテーマに掲げ、世界との繋がりを大切にしています。今日は「Gozioki今期3つの論点」について書いていきたいと思います。

毎月通うヤンゴンにて

以前に「ヤンゴンコンピューター科学大学」との戦略提携を発表させてもらいましたが、現在では今年12月に始まるプロジェクトの準備が山場を迎えています。

毎月のように通っているヤンゴン市ですが、プロジェクトの準備もあって、ここ最近は2週間に一度と、頻度高く訪れています。

11月頭にはプロジェクトのキーパーソンとなる神田さんと一緒にヤンゴン出張しました。その際に、ヤンゴンの観光名所であるシュエダゴン・パゴダを見学したのですが、私にとっては何と2004年夏以来となる15年振り二度目の訪問でした。

15年振りに見るシュエダゴン・パゴダは本当に美しく、思わず吸い込まれてしまいそうになると共に、この場所がヤンゴンに住む人たちにとって心のよりどころとなっていること、納得感を持って感じ取ることができました。

また私が最後にこの場所に来た2004年と比べたミャンマーの変化を考えると、感慨深いものがありました。

「Gozioki今期3つの論点」そしてこれからの飛躍

以前に会社のブログにも書かせてもらいましたが、海外取り組みに関し、『アセット構築』、『教育領域拡充(含むIT教育)』、『地域戦略推進(多国展開)』と「Gozioki今期3つの論点」を定めています。

ブログの方では『地域戦略』に関連して、中国やベトナムでの取り組み可能性に就いて触れていますが、足元ではインドネシアの方でも動きが出てきています。こちらまた発表できる状況になりましたら、詳しく報告させてもらえればと思います。

Gozioki株式会社に対しては「がむしゃらに動き回っている」という印象をお持ちかもしれませんが、そして確かにそのような側面もあるのですが、何気に(笑)戦略的な意志を持って事業展開を進めています。

会社としては8月決算なので、2020年8月までは上に述べた「Gozioki今期3つの論点」が、海外に於ける動きの軸であり続けることになります。

そんなGoziokiの動きに関しては、Wantedlyやそれ以外の場を通じて、引き続き頻度高く発信していきたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いいたします!

(↑写真右はミャンマープロジェクトに携わる神田さん、筆者は写真中央)

Gozioki

世界との繋がりを大切にするGoziokiでは、多様な経験をお持ちの皆様をお待ちしています。必ずしもグローバルな経験である必要はありませんし、これまで働いてきた期間も特に問いません。皆様にご自身の価値観を持ち込んでもらえれば、それが必ずやGoziokiにとっての戦力となります。どうぞよろしくお願いいたします!

Gozioki株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more