1
/
5

What we do

プロサッカー選手で KSK Angel Fund の運営でも知られる本田圭佑氏、FiNC Technologies 創業者で元 CEO の溝口勇児氏、ネスレ日本元 CEO の高岡浩三氏の3人が代表パートナーを務める。
21世紀の課題解決に向けて(1)スタートアップへの投資(2)自社事業の創造(3)共同事業の展開をおこなっていきます。
〜 21世紀の課題である「孤独・不安・退屈」を解決し、日本から地球と人々の未来を作る 〜 ▼(1)国内へのスタートアップ投資 Well-Being領域を対象に、21世紀の課題解決に向かうスタートアップに投資していきます。 また、投資するだけでなく、スタートアップに不足しがちな人的リソースや、成長資金戦略、マーケティングなどのノウハウをプロフェッショナルがハイレベルで体系的にサポートします。 ▼(2)自社事業の創造 スタートアップのエコシステムという観点とWell-Beingの領域で自社事業を創造します。 ▼(3)大企業やスタートアップとの共同事業 日本でオープンイノベーションやコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)がなかなか成功しない理由として、「各企業におけるイノベーションが何か」についての目利きがされていないことと「オープンイノベーションを形にするための人的リソース不足」が挙げられます。私たちはこの「イノベーションに対する目利き力」、「人的リソースおよびノウハウ」を提供し、Well-Beingの領域で大企業が再びイノベーションを起こし、またスタートアップの成長を加速させる共同事業を展開いたします。 【参考記事】 ◆本田圭佑氏、元FiNC溝口勇児氏、元ネスレ高岡浩三氏、「WEIN挑戦者FUND」を設立——ウェルビーイングとオープンイノベーションに特化 https://thebridge.jp/tag/wein-fund ◆「21世紀の課題」を解決するために:元FiNCの溝口勇児が、ウェルビーイング領域でファンドを立ち上げた理由 https://wired.jp/2020/05/28/wein-challengers-fund/ ◆<動画>「WEIN挑戦者FUND」記者発表会 https://www.youtube.com/watch?v=1KM3eQUKT_k

Why we do

心や体、生活やお金、そして、社会的にも健康な状態を、事業を通じて創造する。
様々なビジネス知識・ノウハウを持つ集団を組織し、多発的・非連続的にスタートアップを創出し「投資だけ」に留まらない体系的なサポート体制の実現を目指します。
VISION 〜日本から地球と人々の未来を作る〜 21世紀の課題「孤独・退屈・不安」は、挑戦する、または挑戦に関わることで解消されます。しかし、挑戦する人、挑戦に関わる人が日本には少なく、欧米と比べた場合の起業率は約半分にとどまります。また挑戦するハードルも高く、特に資金は、アメリカはGDP比で日本の4倍ですが、スタートアップ企業への投資額でみると37倍もの差があります。 そのような中で、私たちは夢や志が社会に向く挑戦者や挑戦に関わる人を増やし、資金的にも人材的にもノウハウ的にも体系的にしっかりサポートすることが非常に重要であると我々は考えます。我々は、自らも挑戦者となり、挑戦者のための「国内No.1の挑戦者エコシステム」をつくってまいります。

How we do

港区浜松町にシェアオフィス「WEIN挑戦者STUDIO」を設立。出資先、支援先企業を中心に挑戦者(入居企業)を募集中。
シェアオフィスは4フロアに分かれ、コワーキングスペースだけではなく、イベントスペースやキッチン等も完備。
〜 君を支える、私も戦う。〜 代表パートナーの溝口勇児と本田圭佑、高岡浩三のネットワークを通じて起業家(挑戦者)への広範な支援に注力するため、スタートアップスタジオやスカウトファンドのように、各領域で成功体験を持つ経験者が集まり、エンジニアリング、マーケティング、リクルーティング等の様々なビジネス知識・ノウハウを持つ集団を組織し、多発的・非連続的にスタートアップを創出し「投資だけ」に留まらない体系的なサポート体制の実現を目指します。