1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

チャレンジさせてくれる環境が転職の決め手!異業種、異職種からプロダクト開発部QAに

Q.自己紹介をお願い致します!

プロダクト開発部QA(Quality Assurance)担当の金子 静恵です。QAとはプロダクトをユーザー目線で使用した時に、使用しやすいか、分かりやすいかをチェックする業務です。リリース前の検品というか、品質を上げるための業務ですね。

Q.とても重要なお仕事ですね。ところで金子さんはQAの他にもう一つ業務を持っていらっしゃいますよね。

はい、こちらもQAなのですが、映像QAです。ClipLineでは教材の動画を「クリップ」と呼ぶのですが、クリップ撮影前後の編集について意見やアイデアを出したり、編集後はお客様が求めるクリップに仕上がっているかを確認する業務です。

もともとはそちらの項目で募集があるのを見て入社したのですが、面接でQAの業務もやってほしいと言われて開発部に所属し、両方やることになりました。実際の業務バランスは8:2で断然開発部の業務が多いです(笑)。

Q.二足のわらじですね。ご苦労もありそうですが、そのあたりは後半でお聞きするとして、前職についても少し教えてください。.

PR会社でオフィスマネジャーをやっていました。中堅企業でしたが総務は一人でしたので何でも担当していました。社員全員の顔を知っている数少ない人間だったと思います(笑) 。新しい会社でルールのできていない中で規律を作って不透明なことを透明にしていく過程がやりがいでした。

Q.やりがいを感じていたのに異業種、異職種への転職を考え始めたきっかけは何だったのですか?

もともと興味のある分野だったのですが、個人的に映像撮影と音楽編集をする機会があり、本格的に取り組んでみたいと思うようになったことです。仕事を選ぶ上で最も重要な基準が「やってみたいことかどうか」なので、自然と転職を考え始めた感じです。

Q.未経験で2種類の業務に飛び込んでこられたわけですが、苦労もあったのではないでしょうか。

QAは専門用語が多いので言葉を覚えて理解するのが大変でしたね。最初の1~2ヶ月は調べたり周りに聞いたりを繰り返しました。入社して1週間でテストケースを作ってもらって、それに沿ってやってみるという形で実務に入りました。不安な時は、自分の理解があっているかを確認するというコミュニケーションでしたね。入社して7ヶ月目ですが、ある程度独り立ちできていると思います。

Q.QAと映像の業務が8:2ということでしたが、本来希望した分野と別の業務がメインになってしまって大変ではないですか?

正直言って、最初は「私これで大丈夫かな」と思ったりもしました。ただ、任せてもらったからには「やるぞ!」という意欲が湧いてきました。自分で両立すると決心して入社しましたし、上長には自分が頑張ったところをきちんと評価してもらっているので満足しています。

Q.転職(会社選び)で重視したことはどんなことでしょう。

やりがいを感じられると思わないといくら収入が良くても心が動かないので、業務内容を重視しました。伸びしろが感じられない単純作業よりは、将来性があったり、チャレンジができる環境であることが条件でした。

Q.具体的には、IT企業やBtoB業種で探していたのですか?

中規模以上の会社ならだいたいIT部門はあるので特にIT企業に絞って探してはいないですね。これまで勤めた会社にはBtoBの企業もあったので、潜在的にBtoBもいいなという意識はあったと思いますがその程度でした。

Q.ではClipLineを選んだ決め手は何だったのでしょう?

ほぼ未経験でしたが、チャレンジさせてくれる環境です。募集要項は映像編集でしたが、それに限らず、のちのち映像ディレクションなど幅広い業務ができると言われて入社を決めました。

Q.ClipLineはベンチャー企業にしては労務環境が良く、入社後にワーク・ライフ・バランスが改善した方が多いと聞きますがいかがですか?

すごく余裕があるわけではないですが、趣味のための時間はしっかり確保しています(笑)。過去には有給がとりにくい環境の職場もあったのですが、今は規定の業務をクリアすれば自由に時間を使えます。

Q.職務における問題意識や心がけはありますか?

どんな職場でもどんな仕事でも、コミュニケーションはすごく大事だと思っているので必ず取る様に心掛けています。コミニュニケーションを苦手とする人にも、相手に合わせて取る様にしています。

Q.開発部で正社員の女性は金子さんだけですね。やりにくいことや困ったことはありませんか?

あまり意識することはありませんね。慣れてるんでしょうか(笑)。

Q.ClipLineのいいところは?

何に対してもフレキシブルなところです。勤務時間にフレックスがあったり、自分の意見が業務に反映されるのはやはり、やり甲斐になります。過去の職場と比較すると断然環境がいいのですごくホワイトに見えます(笑)。

Q.実は娘さんも同じ職場にいらっしゃるわけですが(※娘さんはインターンとして映像編集業務に従事)家での会話や過ごし方に変化はありましたか?

今までは限定的な会話だけでしたが、同じ職場になって、業務と関係ない場所で映像を見て意見を言い合うこともありますね。若い子はそういう角度から見るんだと刺激になるし勉強になります。

Q.今後の目標を教えてください。

プライベートでは入社してすぐの目標が独り暮らしだったのですが、家賃補助制度も利用して達成できました(笑)。仕事面ではもう少しコンテンツ業務にも力を注ぎたいと思っていますが、QAとしての"スキルアップ"もしていきたいので、2人自分がいるかの様に頑張りたいです。

金子さん、ありがとうございました!

ClipLine株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more