This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

インターン企画第1弾!『“クライアントの為に”口先だけではないクライアントファースト』

2020新卒企画第1弾!!!

株式会社CFPコンサルティングの盛です。

今回は2020新卒の星さんに約1週間のインターンをしていたき、
株式会社CFPコンサルティングについて感じたことなどをまとめていただきました!

  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩ 


こんにちは!
現在就活真っ最中の2020年卒、早稲田大学の星です!

 皆様、就活は順調ですか?
この時期ですと、多くの企業が冬のインターンをやっていますね。

ESを出して、適性検査を受けて…と学校やバイトの他にそういった用事が増え、忙しい日々を送られているかと思います。

 夏はぼんやり考えていた業界や職種も、そろそろはっきり決めなければいけないかな・・・と焦り始めるこの頃。それこそ本選考、どの会社を受けようかなと考え始めている方もいるかもしれません。

え?もう決まってるって?・・・それはすごい!!!

 実際わたしも会社説明会に行ってみたりするのですが、人事の話を聞いても、実際はどうなの?と疑問を覚えることばかりで会社を決めきれずにいます。自由になんでも質問してもいいよ、と言われてもそんなはっきり「本当にそうなんですか…?」と疑わしい目で聞く勇気なんてあるわけなく・・。適当にあくのない質問ばかり投げてしまいます。


 同様でそんなお困りな皆様へ、朗報です!

 今回、同じ就活生の立場である私からCFPコンサルティングについて、どういった会社なのか、どういった人が働いているのかご紹介しつつ、「本当にそうなの…?」と疑問をおぼえた部分を深掘りしていきたいと思います。就活にぜひ参考にしてください。


まずは会社について説明します。

 CFPコンサルティングは、デジタルマーケティングの総合コンサルティングを通じて、SEM、SEO、LPOなど会社に見合ったマーケティングプランを組み、ROIを最大化させるサービスを提供する会社です。ミッションとして「Client First Principle」、いわゆる顧客第一主義を掲げています。

 “クライアントを第一に考え”、これだけなら多くの会社で山のように耳にします。

むしろこれを掲げていない会社は一体いくつあるのか、と考えてしまうほどです。そして大抵は形だけのミッションで、実際は利益優先などよくある話。


 このCFPコンサルティングは一体どちらなのか。気になったわたしは、実際に現場で働く社員さんの声を聞いて確認することにしました。

 最初にコンサルティング事業の藤井さんにお話を聞いたところ、次のようなことをお話しされました。

 クライアントのことを考え、彼らの考えている以上のことを先回りして提案する、そんな仕事をしたいと考えていた藤井さん。転職で新しい職場を探していた際にCFPコンサルティングに出会い、代表の坂牧さんからその熱い信念を聞いてここに入社することを決めました。

また2018年卒として入社した東保さんは「お客さんのニーズを聞いて提案することができるのが、やりがい」と話され、「自分に指名が来るような、お客さんに信頼されるコンサルになりたい」と熱く語ってくださいました。


 最初は本当にクライアントを大切にするのかと疑いのまなざしでいたわたしですが、実際に現場で働くお二人の話を聞いて、いかに“クライアントにとって良いものを提案するか”といったことを大切にしているのか分かりました。でも偶然このお二人だけがそういった考えを持っていて、全員がそうとは限らない。もしかしたら、利益に走る人もいるかもしれない。そんな疑いの気持ちを残しつつ、他の方にもお話を聞いてみました。


 お二人と同じくコンサルティング事業の鈴木さんに、どんなときが一番辛かったか聞いたところ、次のように答えられました。

「後になって、こういう提案をしたらよかったと後悔することがある。そういったときが辛いかな」

クライアントの商品がなかなか上手く売れていかず、解約となった時。
後になって、ああやっておけばよかったと後悔されたことがあるとのこと。悔しそうに顔をゆがめる鈴木さんに、話を聞いていたわたしも胸が苦しくなりました。


 コンサルの方だけではない、CFPコンサルティング。制作を行っている方にもと思い、クリエイティブ制作事業の松久保さんにもお話を聞きしました。

松久保さんは「色んな会社の制作に携わりたい」という思いから転職を決め、多くのことにチャレンジする機会を与えるCFPコンサルティングに新たに仕事場を移しました。そんな松久保さんに、将来どうなっていたいかお聞きしたところ、「お客さんに寄り添った仕事をしていきたい」と答えられました。クライアントに寄り添った仕事をし、今よりも制作を通してクライアントの課題を解決していき、フロントエンドのスペシャリストになりたいと語られた松久保さん。その話を聞いて、事業関係なくここCFPコンサルティングで働いていらっしゃる皆さんは全員“クライアントのためになりたい”という思いを胸に、一心になって働いているのだなと強く感じました。


今回のインタビューを通して私が感じたこと

 今回、会社を訪問し社内を見学させていただくと共に、現場で働く社員さんたちとお話することで、CFPコンサルティングの掲げるミッション“顧客第一主義”がうそではないのだと知ることができました。

 皆様ももし時間があるのなら、気になる会社に実際に訪れてみて社内を見学させてもらうか、あるいは現場で働く社員さんと話をしてみるか、いずれのことを行ってみるといいかもしれません。その会社のことをより深く知ることができるかも!

 3月の就活解禁まで、のこり3ヶ月。

 皆様、自分にぴったりな会社にめぐり会えるようお互い頑張りましょうね!

 最後までご精読ありがとうございました。以上、2020年卒の就活生でした。

株式会社CFPコンサルティング's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more