1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

代表の森川が思う、C Channelで活躍している人、これから求められる人とは。

2021年ver、代表インタビュー第二弾はC Channel社員の働き方や、活躍している人の特徴、求める人物像などを深堀していきます。
(第一回はこちら:https://note.com/cchannel_japan/n/naef234eebe1a)

ーー現在C Channelは原則リモートワークですが、良かったと感じることは何ですか?

森川:一番は満員電車などストレスの多い通勤環境を避け、それぞれが自分らしく仕事ができているところです。特にエンジニアやクリエイターはのびのびと仕事をしていると感じています。

ーー逆に課題ありますか?

森川:上司部下や部署間の連携などの縦横のコミュニケーションの量質ともに改善は必要かなと思っています。

ーーこういったことに対する課題解決や、リモートワークという働き方に対して何か工夫していることはありますか?

森川:1on1や日報を強化しており、私も全社員の日報を確認、コメントしたり、四半期に1回は全社員と1on1をしています。今後は月一で社内イベント実施など、様々な施策を考えています。

ーー次に、会社全体のことを教えてください。まずC Channelにはどういった雰囲気の方が多いと思いますか?

森川:会社そのものが常に新しいことに挑戦しているので、自身の専門領域で新しいことにチャレンジしたいと思っている人が多いですね。

ーー確かにチャレンジすることが好きでガッツのある方が多い気がします。今後入社される方にも同じような雰囲気の方を望まれますか?

森川:今までは新しいことにチャレンジしたい方やC CHANNEL・mamatasなど、サービスの世界観に共感し働いている方が多かったです。

今後、会社そのもののmission、visionに高い方に入社していただきたいと考えています。会社のmission、visionに共感していただき、仮にそれを実現するための手段が変わっても目標自体が変わらなければ一緒に実現したいと思ってくれる方を期待しています。

また、営業をやったあと人事を経験したり、経営企画を経験してから事業部長になったり等、部署をローテーションしながら個人としても成長していくようなパスも考えています。

ーー今後は社内異動制度も強化していくんでしょうか?

森川:いきなりではないですが、今後は強化していく予定です。
様々なことが急激に変化している時代なので、経験とかスキルも良いですが、一番大事なのは「向き合う情熱」だったり「やりきる力」だと思っています。

ーー社内ではどういった方が活躍しているように感じますか?

森川:情熱や精神力があると思います。また新卒に近い方やインターンから入ってきた方は「なんでもやります」といった意気込みがある方が多く活躍していると感じます。

ーーちなみに、今森川社長が考えられる会社の一番の課題は何でしょうか?

森川:事業内容や会社の方向性が変化したタイミングで、心が折れてしまう人が出てしまっていることです。もっと変化を楽しめるマインドを持っていただきたいと思います。これはC Channelだけでなく日本人全体の課題かなと思っていますが。

変化した瞬間に何が起こるかというと、ある意味今までの経験や知識がリセットされるじゃないですか。でもリセットしたからこそ人は成長できるものなんですよね。とはいえリセットした時に、自分に自信がない方は一歩踏み出すことができなくなってしまうと感じています。

今後は、あらゆる変化と向き合い、「自分の成長の機会きた!」と笑顔で前に進めるようなチームができるといいなと、組織づくりも強化しています。

ーーでは最後に、C Channelへ入社をご検討されている方に一言お願いします。

森川:C Channelへの入社が、人生が変わるきっかけになってほしいなと思っています。
世の中、仕事はいっぱいありますし、働く人の相性もいっぱいあります。私はどんな仕事をしてもそれなりに成長できるんじゃないかなと思うんですよね。その中で私たちはどちらかというと新しいことにチャレンジしている会社なので、その分刺激も多く辛いことも多いかと。ただ、だからこそ生きてる意味や色々な気づきがあると思っています。

結果的にそういう場面で自分の生きる意味とか生き方みたいなことに気がついて人生バージョンアップできるといいかなと思います。

ーー人生のバージョンアップって良い響きですね。ますますバージョンアップしていくC Channelの未来も楽しみです。

森川:C Channel創業時から、「世の中を元気にしたい」という思いがありました。もともと私自身、前職のLINEにいたとき日本人や日本企業がどんどん元気がなくなっていくと感じていて、それを変えたいと思い創業しました。

これからの日本はコロナの影響や高齢化社会、ITの進化により持つものと持たざるものの分断が進むと思います。おそらく持たない人はAIに使われる存在になっちゃうのかなと。分断が起こると戦争が起こるというのが人間の歴史で繰り返されています。

なので、私たちがその中間の仕事をどう作っていけるかというのが一つ想いとしてあります。私たちの事業は社会を豊かにするという意味でも重要だと思っています。これから入社される方にもご自身の夢や目標もあるかと思いますが、その実現と同時に自分が社会に役立っているという実感持てていけることを願っています。

ーー今回の話を聞き、改めて、C Channelは事業がメディアからインフルエンサーへと注力分野が変わりましたが、創業時から根底にある本質は変わっていないだと感じました!そんなC Channelでは一緒に働いてくださる方募集中です!

★求人情報一覧★
▶︎https://open.talentio.com/1/c/cchan/requisitions/2029?token=wZ4ohLg6tFu6fqE0gqF3LH0CjOGmoPzb

<C Channelオフィスの様子1>

<C Channelオフィスの様子2>

ご一読ありがとうございました!

C Channel株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more