1
/
5

ブロックチェーン業界でキャリアを積んだビットコイナーのエンジニアは、なぜビットバンクを選んだのか【社員インタビュー】

高い技術力を持つエンジニアが多数所属する、ビットバンクのシステム部門。中でもクリプトチームは、新規で取り扱う暗号資産(仮想通貨)のシステム対応や既存通貨のアップデート対応を始めとして、Lightning Networkの研究開発など暗号資産技術の最先端を走るチームです。

今回登場するのは、クリプトチームのメンバーとして、フルノードの構築・運用業務や入出金機能の保守など、「顧客の暗号資産(仮想通貨)の通り道を守る仕事」に携わる小渕周(こぶち しゅう)さん。

「こぶシュー」のニックネームで暗号資産関係のコミュニティ活動にも精力的な彼に、これまでのエンジニアとしてのキャリアや、ビットバンクや暗号資産に対する思い、今後の目標について聞きました。

「自分に合う会社はどこか」真剣に考えビットバンクへ

ーーこれまでのキャリアとビットバンクとの出会いを教えてください。

関西の大学院で情報工学を学んだ後、ソフトウェアエンジニアとしてキャリアを積んできました。

暗号資産と出会ったのは2015年頃、大阪のWeb制作ベンチャー在籍時に、役員が「ビットコイン事業をやりたい」と言い出し、私が暗号資産ウォレットの試作品開発を担当したことがきっかけですね。野口悠紀雄さんの『仮想通貨革命』や、当時は邦訳がまだなく、英語の原書が出たばかりの『Mastering Bitcoin』(邦題『ビットコインとブロックチェーン』)を片手に、手探りで開発した覚えがあります。

その後システム会社へ転職して一度は暗号資産から離れたのですが、なんとその会社も暗号資産の技術のベースであるブロックチェーンに注目し始めたのです。

そこで経験のあった私が大阪から東京本社に呼ばれ、ブロックチェーン研究担当に任命されました。

ーーブロックチェーンや暗号資産との運命の再会ですね!

はい(笑)。2017年あたりは日本でも暗号資産に関連したコミュニティや勉強会が数多く立ち上げられ、多い時には週4ペースであちこちに顔を出していました。

こういったコミュニティで、ビットバンクのメンバーとも多く面識を持つようになったんですよね。CTOの野田さんと初めて出会ったのもこの頃です。

また、私のいた会社がBCCC(ブロックチェーン推進協会)に所属していたこともあり、「ブロックチェーン大学校」(※当時BCCCとビットバンクが共同運営していた暗号資産のスクール)を受講することにしたのですが、そこで講師をしていたビットバンクメンバーのジョナサンの技術力の高さと知識量と日本語力には圧倒されました。

受講をきっかけに、実際にビットバンクに口座を作り、ユーザーとして暗号資産の取引を始めたのが、サービスとの最初の出会いです。

ーーそうだったんですね。当時はメンバーについてどんな印象を持っていましたか?

いい人が多いなあと思っていました。あと他社の人から「ビットバンクは技術力が高い人が多く、エンジニアが大切にされる社風があって『技術者天国』らしい」なんて噂も聞きましたよ(笑)。

結局システム会社でのブロックチェーン研究は、リソースが限られてなかなか事業にならかったこともあり、暗号資産取引所向けのベンダーに転職しました。

その会社は最終的に事業譲渡され私も転籍となりました。合併後も頑張ろうと思っていたのですが、働き方が合わず、転職を考え始めました。

「自分に合う会社はどこだろう」と腰を据えて真剣に考えたとき、頭に浮かんだのがビットバンクでした。CTO野田さんに連絡を取ったところ食事に誘ってもらい、あれよあれよと選考が進み、2021年7月に入社しました。

オープンで自由な環境で着実にレベルアップ


ーー入社後の印象はいかがですか?

「技術者天国」の噂は伊達じゃなかったです(笑)。クリプトチームだけでなく他部署にもレベルの高い社員がたくさんいますし、エンジニアに限らず社員が大事にされている雰囲気があります。

ビットバンクには、私も含めビットコイナー(※暗号資産の中でも特にビットコインが好きな人)が多いですが、ビットコイナーって自由な雰囲気を好む傾向がある気がしていて。会社全体としても風通しがいいと思います。

ーーどのような点で風通しの良さを感じますか?

たとえば、こまめに情報共有の機会があるので、多くのメンバーがフルリモート勤務であるにも関わらず、情報が行き渡っていると感じます。

毎日の朝会で廣末社長から業界に影響するニュースや会社の重要トピックが共有され、毎週のシステム部門ミーティングで部門内の各チームの現状や方向性が共有され、全部署が参加する毎月のウィンセッションでは目標に対する進捗状況が各部署から共有され…直接関わる業務やメンバーのことだけでなく、経営方針や他部門の動き、そして業界動向に至るまで、必要な情報をキャッチアップしやすい環境ですね。

また、Slackのチャンネルは原則オープンになっているので、他部署のチャンネルを覗いたり、チームの垣根を超えてコミュニケーションをとったりするハードルも低いと感じます。

ーーエンジニアとして変化したことや、レベルアップできたと感じることはありますか?

ビットバンクは開発においてプロセスを重要視しているので、落ち着いて仕事に取り組むことができます。ゴールだけでなくプロセスをしっかり決めた上でみんなで走り出すので、途中でちゃぶ台返しになってがっかり…ということがありません。

スキルとしては、AWSを本格的に使うようになって幅が広がりました。フルノードサービスや新規銘柄のフルノード調査も任せてもらえて、着実にレベルアップできていると感じます。

「ブロックチェーン業界の1年は他業界の10年」


ーーコミュニティや勉強会など社外活動もされていますよね。どんなことをされているんですか?

コロナがきっかけで立ち消えてしまったコミュニティも多く残念なのですが、現在メインとして活動しているコミュニティでは、定期的にオンライン勉強会を主催をしたり、自ら登壇したり…結構忙しくしています。

ーーそのモチベーションはどこから来るのでしょう?

なんでしょう…うまいビールを飲みたいってところですかね(笑)

この界隈で出会う人って飲み好きな人が多くて、コロナ前だとイベント後は頻繁に飲み会が開催されていました。オンラインに移行しても、勉強会後のオンライン懇親会を楽しみに毎回の運営を頑張っています!

真面目な話もすると、コミュニティにはブロックチェーンの技術にすごく詳しい人が多い中、私自身はそれほど能力が高くないからこそ、初心者がブロックチェーン技術を学ぶステップアップのお手伝いができればと思っています。

ーー今後ビットバンクで実現していきたいこと、目標を教えてください。

現在携わっている保守運用の領域を統括するマネージャーとしてキャリアップしていきたいです。前職以前の会社でも保守運用のリーダーをしていたことがあり、プロジェクトマネジメントって面白いなと感じていて。

もちろん技術力も高めつつ、プロジェクトが円滑に進むように働きかけていきたいと思います。

ーービットバンクが気になる方、暗号資産業界での仕事にチャレンジしてみたい方へメッセージをお願いします!

ビットバンクのValuesの一つに「One Team」がありますが、技術力の高いメンバーたちとOneTeamで働けるのは本当に楽しいです!直近では大きな資金調達もあって会社として勢いづいていますし、面白い経験ができる兆しをビシビシ感じます。

システム部門には、まだまだやりたいこと、できていないことが多くあるので、エンジニアの方は入社後すぐに活躍する場があるはず。と言っても「仕事量が多くて過度な長時間労働が必須」という意味ではなく、チーム全体でやるべきことを見据えて適切に業務を割り振りながら、主体性とスピード感を持ちつつ着実にステップアップしていくことができる環境だと思います。

ビットコインが登場してまだ10年余り、世間に認知されたのはここ5年くらいです。今はまだ知識が足りないとしても、業界自体が若いため、1~2年で詳しい人の側になれると思います。

「ブロックチェーン業界の1年は他業界の10年」とも言われるくらい目まぐるしく動いており、その分濃い仕事ができるはず。自分自身もビットコインやブロックチェーンを通じてたくさんのチャンスをいただき、キャリアアップできたと感じています。

業界にもビットバンクにも興味を持ってもらえたら嬉しいです!

ーー小渕さん、ありがとうございました!

ビットバンク株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more