1
/
5
This page is intended for users in India. Go to the page for users in United States.

「座」をつくって互いをよく知ろう!|アペルザのコミュニケーションのしくみ

こんにちは!アペルザのコミュニティマネージャーをしています、松本(社内での呼び名は「まつも」)です。

※アペルザがはじめまして!な方へ。

株式会社アペルザは、製造業に専門特化したインターネットサービスを提供している会社です。
製造業は、GDPの約2割、輸出の約9割を占めるなど日本を経済大国へと導き、今なお海外で高く評価されている産業です。そんな製造業ですが、中小企業を中心に「技術力があるにも関わらず知られていない企業や製品」がたくさんあります。私たちは、売り手と買い手をつなぐプラットフォームを提供することでこうした企業や製品が国内外に広く知られ、使われるようになるお手伝いをしています。
(アペルザコーポレートサイトより抜粋)

現在わたしはコミュニティマネージャーとしての仕事と並行して、社内で「まつもの部屋」というブログを執筆しています。自由気ままに書き連ねていたブログの一部を、社外のアペルザに興味のある皆さんへもお届けしていくことになり、ちょこちょこと記事を書いております。


前回書いた記事はこちら

さて、今日はアペルザで実施している社内コミニケーションについてお伝えしたいと思います!

これまでも
飲み会は任意参加ですよ〜!という記事や、

コンテンツ盛りだくさんの社内イベントPhotoreport、

など……いくつかの社内コミニケーションについての記事は書いてきましたが、アペルザでは2月からまた新しい取り組みを始めているんです。

それはシャッフルランチ

シャッフルランチとは?
部署をまたいだランダムな人選でグループを作り、一緒にランチを食べてもらうことでお互いの理解を深める社内コミュニケーション施策の一種です。(それっぽくまつもが説明を作成)

まだ始めて間もない取り組みですが、いろいろな発見もありましたので。早速まつもの部屋でご紹介したいなと思います♪

シャッフルランチを始める前にやった2つのこと

愛着を持てる名前を決めよう

時がさかのぼってしまい恐縮なのですが、制度を始める前にやったことからお話します。

シャッフルランチは今どき決して珍しい制度ではありません。

アペルザ内にも「前職でやってたなあ」という方もいることが予想されました。
ですが、せっかく参加してもらうなら楽しく参加してほしいし、興味を持って欲しい。そう思って、まずは名前を公募することから始めました。

アペルザでは社内コミュニケーションツールとしてSlack以外にWorkplaceというfacebookが提供している企業用のSNSも利用しています。(社内の全体MTGをライブ配信しているのもこのSNS上です)

そのアンケート機能を使ってシャッフルランチのお名前の候補を公募。同時に投票を実施しました。

全部で8つの案が集まり、投票の結果………

(心の中に聞こえてくるドラムロールの音)


じゃじゃん!


タベル座に名称が決定しました!!!4件を超えるとアイコンの数はまとめられてしまうのですが、文字の下に表示されているグラフを見ると、「タベル座」がダントツ1位だったことがわかります。


シャッフルしてグループを決めよう(一部シャッフルされない人もいます)

無事に名前が決まったので、次はメンバーを任意のグループに分けてスケジュール設定をします。

アペルザのタベル座は1ヵ月がワンターム。週に3回のペースで実施します。計算すると、1タームに10〜12回ほどのランチがセットされる設計です。


実はタベル座の場合、この期間中(つまり最大12回)すべての回に必ず参加してもらう人がいます。

それは、その月にアペルザに入社した新メンバー!
入社初月のすべてのタベル座に参加してもらい、既存のメンバーたちと一気に親交を深めてもらいます。

タベル座の流れ

こうして迎えた当日。タベル座の進行についてもお伝えしていきますね。


まずは着席。そして「タベル座の極意」を一読。

好きなお弁当を手にスタートするタベル座。まずは「タベル座の極意」を読んでもらいます。

みんなの席に置いてあるものが「タベル座の極意」です。

「極意」というと大げさですが、要は進行の説明書き。

細かな決まりは無くてもいいと思っているのですが、「何でも話していいよ〜」と言われると、かえって話せなくなってしまう人って実は多いと思います。
せっかくの座(場)が盛り上がれるように、これを読めば誰でもわかるよ!という説明書を準備しました。

こんなことが書いてあります

タベル座のはじめ方(まずはお弁当を選んで席につきましょう。と指示)
自己紹介で話す内容(①お名前 ②部署 の2つのみを30秒でお願いします! と指定)
自己紹介の順番(入社日が古いメンバーから順番に!と指定)

くどいくらい細かに指定しているのは「どうしよう・・だれから始めますか?」というやりとりでの時間ロスをなくそうという狙いからです(笑)


さあ、自己紹介をしよう。

自己紹介は1人30秒で①名前と②部署だけを伝える「ショートバージョン」で1周し、
質問を受けながら進める「じっくりバージョン」でもう1周します。

1周目では顔と名前を一致させてもらい、2周目でそれぞれの仕事について深く知ってもらいたいと思い、この進行にしました。

2周目の「じっくりバージョン」では以下の2つをメインに話してもらっています。
①これまでの仕事内容やいま取り組んでいるミッション(前職の話もOK)
②こんなときは私に声かけてね!


美味し〜いランチは日替わりで!

お昼ご飯のチョイスは毎回参加する新人メンバーが飽きないように、日替わりのケイタリングメニューを手配しています。

ボリュームたっぷりの洋食ランチの日


本格ガパオライス&グリーンカレーも美味しい

お弁当の手配は懇親会やmeetupのケータリングでお世話になっているNEWPORTさんにお願いしています。横浜の厳選されたレストランからデリバリーしてくれて、本当に美味しいランチが食べられるんです!(幸せ…)


話すことがなくて(なんとなく)沈黙…そんな心配もご無用です!

自己紹介が終わって話す内容に困った時は、「タージマハルの壺」からネタカードを取ってもらい、好きな人に質問をしてもらいます。


壺の中には…いろいろな質問が書かれています。一部を紹介すると、こんな感じ。

・アペルザの中で気になっている人とその理由

・人生で一番感動したこと

・最近、疑問に思ってること

・私がアペルザに入社した理由

・先週末どんなことして過ごした?

わたしがお気に入りの質問は「人生で一番感動したこと」
その人が大切にしている価値観や、これまでの経験を聞くことができ、どんなに親しい人でも新たな一面を発見できます。(先日、この質問に答えながら涙を流す方もいたんです…もらい泣きしそうだった😭)

壺の中身は一定期間ごとに内容もリフレッシュしていく予定です。


タベル座で得た有益情報はシェアしよう!

最後はみんなで記念撮影をお願いしています。これだけは強制です。

先日インタビュー記事にも登場してくれたShiro Someyaさんが自撮りにチャレンジしています。

そして撮った写真とコメントを一緒に社内SNSにアップ!
(自撮りが難しかったので、まつもが写真を撮りました…笑)


投稿の形式は指定していないですが、各話題に気になりすぎるタイトルがついているものも・・

参加していない人も話した内容やタベル座の様子を見ることができますし、新メンバーのいろいろな情報が追加されていきます。
別の参加者がコメントをつけてくれて盛り上がったりもしています。

やってみた成果はあるの?

特に新メンバーには週3回タベル座に参加してもらうので、「結構ハードスケジュールかなぁ」と心配していましたが、新メンバーのひとりであるHikaruさんからはこんなコメントをもらいました!

入社1ヵ月たたないうちに会社になじめていると言ってもらえる事は入社を受け入れる側としても、嬉しいです!
既存のメンバーからも……

実は既存のメンバーでも知らないこと結構あるんだなと感じた。初めて知ることが多かった。
思いがけず、困っていることを相談できそうな人が見つかった

なんて声をもらっています。

今はまだ寒い日が続いていますが、暖かくなったら近くにある山下公園でゴザを敷いて、外でのタベル座も開催したいなぁ〜。(晴れた日の公園ランチは最高なんですよね)


次回は、アペルザのもう一つのコミュニケーション施策を紹介したいと思います。


それでは、また次回のまつもの部屋でお会いしましょう〜

株式会社アペルザ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more