1
/
5

IT未経験の私がAliveCastを選んだ理由

なぜプログラマーになりたいと思ったのか


まずはなぜ私がプログラマーになりたいと思ったのかお話しします。


それは中学校の頃に起こったふとした疑問がきっかけでした。

当時はよくパソコンのゲームをしていたのです

周りより起動が遅かったり、途中で落ちたりしていました。

なぜ起動しないのかが気になり

メモリやOSのことなどを調べていくうちに

パソコンがどのように動いているのかを知りました。


その後はどのようにアプリが動いているのか、

ホームページはどのように作られているのか調べていくうちに

プログラミングの魅力に気づき

将来はプログラマーになりたいと思いました。

なぜAliveCastに入社したかったのか


高校に通っていたころは

基本情報技術者試験や大学進学のための

勉強を行っていました。


高校卒業後 

大学には進学できずプログラマーへの道を諦め

アルバイトで事務業務を1年ほど行っておりました。


事務業務を続けている中で

「このままでは今後の自分の将来のためには何もならない」

「プログラマーになりたい」

と強く思い転職活動を行いました。


転職活動を行っている中でAliveCastのサイトを見つけ、目に留まった言葉が

「未来を予言することはできないが、未来を創ることができる。」

でした。


その後会社説明会を受け、

ExOrderというアプリを開発していることを知り、

「今後の未来を創っていける。」

「プログラマーになってこのアプリを一緒に作っていきたい。」

と思いAliveCastへの入社を決めました。

AliveCastで成長できること


入社する前に独学で勉強していたJavaScriptやPHPは

理解をするまでに時間がかかることが多かったです。

入社してからは

一人ではなかなか解けない問題も、業務が終わった後などに教えてもらうことができ

とてもいい環境で働いているのだと実感します。


また、社長からたくさんの本を貸していただけ、

内容も今の私に必要なものばかりですので

読んだ次の日に書いてあった内容が仕事で使用できることが多々あります。


ただし、その環境にいるだけでは自分自身は何も変われません


おいしい料理を食べても最初から自分で作ることは難しいでしょう。

何の食材が使われているのか、どの調味料を使えば理想の味付けになるのか、

まずは自分で考え、調べ、それでもわからなければ作った本人に聞いてみる。

最初から聞いてしまうのではただコピーしているだけで

そこから成長するのは難しいと思います。


今いるこの環境が無駄にならないように

短い一日の中で覚えたことをしっかりと今後の自分の投資になるように

日々、精進していきます。


ここまで読んでいただきありがとうございます。

AliveCastに入社されたら、切磋琢磨しながら頑張っていきましょう!

株式会社AliveCast's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings